東京で今季最低の湿度18% ウイルスの流行に注意

2月6日(木)14時0分 ウェザーニュース


2020/02/06 14:01 ウェザーニュース

今日6日(木)は冬型の気圧配置が強まり、関東各地は広い範囲で冬晴れとなっています。今シーズン一番の冷たく乾いた空気が流れ込んできたことで、東京の湿度は13時37分に18%まで低下しました。
20%を割り込むのは去年11月6日以来で、今季最も低い湿度です。また、千葉は12%、熊谷や水戸でも20%を観測しました。気温も低いため、空気中の水蒸気は非常に少なく、カラカラ状態となっています。

ウイルスが活発になりやすい条件揃う

インフルエンザウイルスなどは、気温が低く、乾燥している時に活動が活発になると言われています。今日はこの冬以降でも最もこの条件を満たしていると言って良い状況です。
さらに昨日からの気温変化が大きく、体調そのものも崩しやすくなります。手洗いやうがい、十分な休養などより一層の対策を心掛けてください。


参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)


ウェザーニュース

「湿度」をもっと詳しく

「湿度」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ