から揚げを床に擦り付けてから調理する動画拡散 ビッグエコーは昨年12月に謝罪、事実解明のため警察が捜査

2月7日(木)13時40分 BIGLOBEニュース編集部

画像は拡散中の動画のスクリーンショット

写真を拡大

第一興商が運営するカラオケチェーン店「ビッグエコー」のユニフォームを着用した人物による問題行為がSNSで拡散し、物議を醸している。第一興商に内容を確認したところ、昨年12月に問題の動画を把握し謝罪と調査状況を公表。現在は警察が捜査を行っているとのことだった。


問題の行為は、ビッグエコーのユニフォームを着た人物によるもの。この人物は、店内の調理場らしき場所でから揚げ用の鶏肉を袋から取り出し、しゃがんで床に擦り付け、そのままフライヤーに入れた。この動画はTwitterで拡散し、不衛生な行為に批判の声が多数寄せられている。


第一興商に取材したところ、同社は昨年12月にこの動画の存在を確認。実際にビッグエコーの調理場で従業員が行ったものか社内調査を行ったが、特定することはできなかったという。これを受けて、12月6日に「お客様には大変不安・不快な思いをさせてしまいましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪。事実関係の調査を進めながら警察へも相談するとしていた。その後、12月25日には警察へ被害届を提出したことを公表していた。現在は、「警察の捜査に協力している」とのことで、全店舗の従業員に対しては教育を徹底するとしている。

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「ビッグエコー」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「ビッグエコー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ