9日(木)の関東 都心も雪舞う?

2月8日(水)19時20分 tenki.jp

9日(木)、関東では雪が降る可能性があります。東京都心でも雪が舞うかもしれません。

9日(木) 朝は雪舞う所も 日中は広く雨

9日(木)、雨や雪のタイミングは大きく分けて2回となりそうです。
まず、明け方〜朝の通勤通学の時間帯にかけて、弱い雪や雨が降る可能性があります。地上付近の気温や湿度が低いなど、雪の降る条件がある程度揃っており、どちらかというと雪として降る可能性の方が高くなっています。ただ、この雪を降らせるのは関東の南の海上に発生する小さな低気圧で、量的にも多くの雪を降らせる力を持っておらず、雪雲雨雲もそれほど広がらない見込みです。降っても範囲は狭く、雪が舞ったりちらつく程度になりそうです。

そして昼頃になると、本州の南岸を通る低気圧が発達しながら関東付近を進む影響で、昼頃から雨や雪が降り出すでしょう。関東北部や山沿いの地域では雪が降り、平地でもうっすら積雪になる所もありそうです。ただ、東京など関東南部では、広く雨となる見込みです。夕方以降、一時的に雪が交じることもあるかもしれませんが、都心で積もるようなことはない見込みです。夜遅くになると、雨雲や雪雲は東の海上へ抜けていくでしょう。

日中も5度前後 震える寒さ

9日(木)の最高気温は、8日(水)より大幅に低くなり、各地とも5度前後までしか上がらない予想です。昼間も震える寒さになりますので、厚手のコートにマフラー、手袋など、しっかり寒さ対策をなさって下さい。また、雪や雨が止んだ後も、夜はグッと冷え込んで路面凍結の恐れがありますので、油断しないようにして下さい。

10日(金)も 関東南部で雪ちらつく?

10日(金)の関東は天気が回復して、広く晴れる見込みです。ただ、強い寒気が流れ込むため、朝と夕方以降、関東南部や沿岸部など所々で雪がちらつくかもしれません。積雪になったり大きな影響はない見込みですが、引き続き、最新の情報を確認して下さい。

tenki.jp

「都心」をもっと詳しく

「都心」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ