週間天気 広く雨 のち また極寒

2月8日(木)12時0分 tenki.jp

三連休初日は低気圧が通過するので、全国で傘が必要に。南風で気温が上がり、雨の所が多い。この雨の後、気温が急降下。厳しい寒さが戻り、日本海側は再び広く雪に。

あすの天気 広く晴れ 早起きしたら南の空を

居座っていた強い寒気は離れます。日本付近は高気圧に覆われ、日中は穏やかに晴れる所が多いでしょう。
【各地の天気(西から)】
沖縄は、日中は雲の間から日が差すでしょう。夜は南から湿った空気が流れ込むので、雨の降る所もありそうです。
九州は昼頃まで各地で晴れ。夕方から雲が広がり、夜になると所々で雨が降ります。
中国と四国、近畿、東海、関東にかけて、日中いっぱい晴れるでしょう。夜は雲が増えますが、雪や雨は降らない見込みです。
北陸も、ようやく天気が回復します。朝までは雪の所があるものの、昼前から晴れてくるでしょう。
東北は、午前中は晴れ間がありそうです。気圧の谷が通るので、午後は日本海側を中心に雪や雨の所がありますが、降り方は弱いでしょう。
北海道は、午前中は日本海側の一部で弱い雪が降ります。午後は雪が止んで晴れる所が多くなるでしょう。
【気温】
あすの朝も冷え込みが厳しく、ほぼ全国で氷点下でしょう。引き続き、路面の凍結や水道の凍結に要注意です。
日中は、寒さがいくぶん和らいで、ホッとできそうです。沖縄は久しぶりに20度を超え、九州は13度前後、中国・四国から関東にかけて10度くらいまで上がるでしょう。北陸や東北南部は5度を超え、東北北部は3度くらい。北海道も平年よりやや高く、プラスの気温の所が増えそうです。
★天文情報★
2月上旬は明け方の空がにぎやかです。あすの明け方は「月と火星(ちょっと暗めなので探しにくいかも)」が接近し、さらにそれらの右側には木星が明るく輝きます。早起きの方は「南の空」を眺めてみてはいかがでしょう。

あさって以降の天気

三連休初日の10日(土)は、全国で傘が必要になります。低気圧が日本付近を通過するためです。この時期、低気圧が通る、というと関東はじめ太平洋側で雪が心配されますが、今回は、低気圧が陸地にかなり近い所を通り、南から暖かい空気が流れ込むので、広く「雨」となりそうです。
ここ数日居座った強い寒気の影響で、北陸から山陰を中心に一気に積雪が増えました。気温の上昇と雨で、雪が緩むため、山ではナダレがさらに発生しやすくなります。また、「雨水+雪解け水」で、川の水かさが急に増す危険性もあります。道路の冠水にも注意が必要です。
11日(日)には、低気圧が北海道付近で発達するため、北海道や東北は午前を中心に太平洋側含む広範囲で湿った雪で、風が強まり、荒れた天気となりそうです。次第に寒気が流れ込み、全国的に気温がグググッと下がってきます。
12日(月)は冬型の気圧配置となるでしょう。北海道と東北は日本海側を中心に雪やふぶきで、北陸から山陰、九州北部にかけても雪になるでしょう。強く降る所もありそうです。関東から西の太平洋側は日が差しますが、厳しい寒さが戻ります。最高気温は各地、再び平年より低くなるでしょう。

ただ、寒気はあまり長居しません。13日(火)以降は日本海側の雪が弱まり、寒さも和らぎそうです。

tenki.jp

「天気」をもっと詳しく

「天気」のニュース

BIGLOBE
トップへ