冬だけの絶景路線5選

2月11日(月)17時0分 ウェザーニュース


2019/02/11 16:09 ウェザーニュース

冬の寒さがつのるからこそ、大自然が創りだす絶景があります。そんな絶景を楽しめる路線で冬の鉄道旅に出かけてみては?

宗谷本線(北海道)

海に浮かぶ利尻富士と、天塩川のダイナミズム


日本最北端を走る宗谷本線は、旭川から稚内をめざして大自然の中を進みます。沿線随一の見どころは、真っ白に輝く利尻富士。旭川から特急で3時間ほどの豊富付近から、左手の車窓に見えてきます。初めは丘の向こうの遠景ですが、抜海(ばっかい)を過ぎると線路が海沿いの崖の上に出て、海上に浮かぶ利尻島の全景が迫ってきます。さらに進めば、利尻島の島の影から礼文島も見えてきます。

天塩中川付近で宗谷本線に並走する、凍結した天塩川も圧巻です。厳冬期を過ぎ、春を待ちわびる頃、溶け出した氷や雪の塊が轟々と川を流れ下る様子がまたいい。鉄道旅だからこそ楽しめる光景です。

【路線データ】◎管轄:JR北海道/◎区間:旭川〜稚内間/◎営業キロ:259.4km/◎車両:キハ261系(特急「宗谷」「サロベツ」)、キハ40系、キハ54形

釧網本線(北海道)

タンチョウ舞う湿原から流氷のオホーツクへ


道東を走る釧網(せんもう)本線は、四季を通じて絶景を楽しめる景勝路線です。沿線には、世界遺産の知床半島や摩周湖、川湯温泉などの名所も多く、汽車旅のさまざまな楽しみでいっぱいです。中でも冬のおすすめは、タンチョウが舞う釧路湿原と、流氷が着岸するオホーツク海ですね。

釧網本線は、遠矢から茅沼にかけて、釧路湿原の東端に沿って北に向かいます。冬季は釧路〜標茶(しべちゃ)間で、SLC11が牽引する「冬の湿原号」が運転されています。オホーツク海の流氷を眺めるなら北浜〜浜小清水間へ。この付近、初夏には可憐な花が咲き乱れる原生花園が広がっていますが、冬は岸辺まで一面の流氷に覆われます。北浜駅には流氷を眺める展望台もあります。

【路線データ】◎管轄:JR北海道/◎区間:網走〜東釧路間/◎営業キロ:166.2km/◎車両:キハ54形、C11形蒸気機関車など

五能線(秋田県、青森県)

真冬の日本海、白神山地や岩木山も


日本海の冬景色を心ゆくまで味わいたいなら、五能線がおすすめです。東八森から鰺ケ沢にかけて、列車は日本海に寄り添うように走ります。なかでも、切り立った断崖や岩礁、岩場の間の小さな砂浜など、変化に富んだ美しい海岸線を眺めることができる岩館〜大間越間、深浦〜広戸間、千畳敷付近などが絶景区間として人気ですね。

「リゾートしらかみ」は五能線の絶景を眺めるためにある列車なんですよ。絶景区間では景色を満喫できるよう、徐行してくれます。車内で津軽三味線の生演奏なども行われるので、旅の興趣が盛り上がります。五能線の山側の車窓には雄大な白神山地が。五所川原付近では、津軽富士、岩木山を間近に眺められます。

【路線データ】◎管轄:JR東日本/◎区間:東能代〜川部間/◎営業キロ:147.2km/◎車両:HB-E300系(リゾートしらかみ)、キハ40・48形

只見線(福島県、新潟県)

人気沸騰、豪雪地帯を行く秘境路線


只見線は、福島県の会津と新潟県の魚沼という日本でも有数の豪雪地帯を結んでいます。車窓の景観が四季を通してすばらしく、『旅と鉄道』2016年5月号の「好きなJRローカル線ランキング」では、堂々の一位を獲得しました。冬景色もまた格別。まず会津若松と会津坂下との間のひなびた会津盆地の雪景色がいい。

会津坂下から先の只見川や破間川(あぶるまがわ)に沿った区間はいわば秘境路線中の秘境路線で、白い山も、森も、谷も、息を呑むほどの美しさです。とくに会津桧原〜会津西方間の第一只見川橋梁付近の渓谷美を見ていただきたいですね。豪雨の影響で、会津川口〜只見間が不通になっていますのでご注意を。一日も早い復旧が待たれます。

【路線データ】◎管轄:JR東日本/◎区間:会津若松〜小出間/◎営業キロ:135.2km/◎車両:キハ40系

高山本線(岐阜県、富山県)

水墨画のような幽玄な世界を走る


飛騨川の「飛水峡」と「中山七里」は江戸時代から世に知られてきた名勝です。流域一帯は飛騨木曽川国定公園に指定されています。その渓谷美を、飛騨川に沿って走る高山本線の列車から眺めることができます。下り列車なら上麻生を過ぎたあたりから右手に飛水峡が現れます。中山七里は飛騨金山の先で左側の車窓から。

新緑、紅葉ともに美しい渓谷ですが、とくに中山七里の下原ダム湖の水面に影を宿す雪をまとった森の姿には、水墨画のような趣があります。高山本線を走る特急「ワイドビューひだ」は、飛騨路の景観をより楽しめるようにとつくられた、床より一段高くなった座席と大きな窓が特徴の列車です。

【路線データ】◎管轄:JR東海、JR西日本/◎区間:岐阜〜富山間/◎営業キロ:225.8km/◎車両:キハ85系(ワイドビューひだ)、キハ25形、キハ75形、キハ120形


ウェザーニュース

「大自然」をもっと詳しく

「大自然」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ