短い周期で天気変化 来週は寒の戻りで福岡でも雪の可能性

2月12日(水)16時6分 ウェザーニュース


2020/02/12 16:00 ウェザーニュース

今日12日(水)は、西日本で徐々に雨の範囲が広がってきていて、明日13日(木)は東日本や東北で雨が降ります。その後も短い周期で日本付近を低気圧や前線が通過するため、週末にかけて雨が降る日が多くなりそうです。

週末まで春のような暖かさ

ただし、低気圧に向かって南から暖かな空気が入ってくるため気温は高めで、西日本や東海、関東では15℃以上まで上がる所が多く、明日は太平洋側では20℃以上となる日もある見込みです。那覇ではあさって14日(金)にかけて夏日が予想されています。

雪が多く積もっている北陸から北の日本海側のエリアでも気温が上がるため、雪解けによる屋根からの落雪や道路の冠水、山ではなだれに注意が必要です。

16日(日)は日本付近を低気圧が発達しながら通過して、全国的に雨が降って風が強く、荒れた天気になるおそれがあります。

週明けは冬の寒さに逆戻り

この低気圧の通過した後、17日(月)から18日(火)は上空には強い寒気が流れ込んで、冬型の気圧配置が強まる見込みです。
日本海側では雪や雨が降り、各地で寒さが戻ってきます。上空の寒気が西から入ってきて、今シーズンまだ初雪が観測されていない福岡でも初雪となるかもしれません。
西日本の山地では大雪となるおそれもあります。

寒暖の変化が大きい一週間となりますので、体調管理には十分気をつけてください。


ウェザーニュース

「天気」をもっと詳しく

「天気」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ