CP+中止に 国内最大のカメラ・写真展示会 新型肺炎で

2月14日(金)14時54分 毎日新聞

新型肺炎の影響で中止が発表されたCP+のホームページ

写真を拡大


 カメラ映像機器工業会(CIPA)は14日、横浜市で開催予定だった国内最大のカメラ展示会「CP+(シーピープラス)2020」を中止すると発表した。新型コロナウイルスによる肺炎拡大の影響で、CIPAは「最新機種を実際に手に取れるショーなので、不特定多数の来場者に感染するリスクを避ける」としている。


 CP+は、1960年に始まった「日本カメラショー」をルーツとするカメラ・写真映像の総合展示会で、昨年の入場者数は過去最高の6万9615人を記録。今年は2月27日から4日間、横浜市のパシフィコ横浜で開催する予定だった。キヤノンやニコンなど各メーカーは例年、CP+に合わせて新製品を発表。特に今年は東京五輪・パラリンピックに向けてプロ用最新機種が出そろい、話題を呼んでいた。【小座野容斉】

毎日新聞

「新型肺炎」をもっと詳しく

「新型肺炎」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ