宇都宮市予算案は2130億円 台風被害対策に重点

2月14日(金)18時28分 産経新聞

宇都宮市の令和2年度当初予算案を発表する佐藤栄一市長=14日、同市役所

写真を拡大

 宇都宮市は14日、令和2年度当初予算案を発表した。一般会計の総額は前年度当初比1・6%減の2130億円。昨年の台風19号で相次いだ市内の浸水被害対策を講じるほか、教育・保育施設への給付費が増加する一方、一般ゴミの最終処分場の建設が元年度で終了したことなどから予算規模は2年連続縮小した。

 台風19号被害を踏まえた「総合的な治水・雨水対策」の推進として、河川の流域対策、減災・防災対策などで総額18億円を計上。消防活動へのドローン導入などの新規事業も盛り込んだ。

 ICT(情報通信技術)を用いた新規事業では、健康分野でAI(人工知能)を活用した特定健康診査未受診者への受診勧奨などに2億5千万円、農業分野でICT機器を用いたイチゴやトマトの品質・収量向上に向けたモデル事業支援などに9千万円を充てた。

 4年3月開業予定の次世代型路面電車(LRT)整備関連事業費は127億円。将来的なLRTの西側延伸も見据え、JR宇都宮駅西口のまちづくりに関する調査費を計上した。さらに、大谷地域の観光振興には1億4千万円を投じ、回遊性の向上に向けた交通インフラ整備を進めるとした。

 歳入は市税が法人市民税やたばこ税の低下などで23億円減の923億円、市債はLRT整備債の増加などで12億円増の160億円となった。

 佐藤栄一市長は「特徴は今後長いスパンで取り組んでいかなくてはならない災害対策。子育て・教育、産業・環境、交通など6つの柱について、次世代を考えた予算だ」と述べた。(松沢真美)

産経新聞

「対策」をもっと詳しく

「対策」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ