ハワイから7日帰国、名古屋の60代男性が感染…2週間以内の中国渡航歴なし

2月15日(土)8時37分 読売新聞

 名古屋市は14日、市内在住の60歳代の日本人男性が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した。男性は1月末に妻と2人で米ハワイに渡航。今月7日に帰国したが、39度の発熱があり、市内の医療機関を受診した後、自宅療養していた。

 10日に再度受診したところ、軽度の肺炎が確認され、その後、自宅療養を続けていたが、13日に救急車で別の医療機関に運ばれ、14日に市衛生研究所で陽性と判定された。現在は市内の医療機関に入院中。発症から2週間以内に中国への渡航歴はなく、肺炎患者との接触も確認されていないという。

 市は午後10時から危機管理対策本部会議を開いて対応を確認した。混乱を避けるため、男性の移動経路は公表していないが、帰国の機内と外出時にはマスクを着用していたという。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「ハワイ」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「ハワイ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ