署内の証拠品8500万円盗んだか、容疑者死亡のまま警部補を書類送検

2月14日(金)23時35分 読売新聞

 広島県警広島中央署の多額窃盗事件で、県警は14日、事件発覚後に死亡した脇本譲・元警部補(当時36歳)を容疑者死亡のまま、窃盗、建造物侵入などの容疑で書類送検した。県警は、脇本元警部補が事件後に多額の借金を返済したことなどの状況証拠から、事件に関与したと判断した。

 発表などでは、脇本元警部補は同署生活安全課に勤務していた2017年3月26日、署内の会計課に侵入し、詐欺事件の証拠品として保管されていた8572万円を盗んだ疑い。脇本元警部補は同4月、県警本部に異動。事件発覚後、関与を否定した上で休職し、17年9月に自宅で死亡した。死因はわからなかった。

 脇本元警部補は詐欺事件の捜査を担当。ギャンブルなどで約9300万円の借金があったが、事件翌日、同僚らに計約1000万円を返済。5月には、関西の場外馬券売り場で約4800万円分の馬券を購入していた。馬券や借金返済などに使った総額は約8100万円にのぼるという。

 県警は14日、改めて元副署長ら5人を本部長注意などの内部処分とした。鈴木信弘・県警本部長は記者会見で「信頼を著しく損ない、おわび申し上げる」と謝罪した。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「死亡」をもっと詳しく

「死亡」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ