地位協定検討WTを設置=公明

2月15日(木)16時20分 時事通信

 公明党は15日、党沖縄21世紀委員会(委員長・井上義久幹事長)の下部組織として、日米地位協定検討ワーキングチームを設置した。座長は遠山清彦衆院議員。
 井上氏は同日の政府・与党連絡会議で、勝利した先の沖縄県名護市長選に触れ、「地位協定についても選挙戦で県民からかなり厳しい批判があった。真摯(しんし)に向き合うことが大事だ」と述べた。 

[時事通信社]

時事通信

「公明党」をもっと詳しく

「公明党」のニュース

BIGLOBE
トップへ