ラニーニャが要因の一つ=東・西日本3年ぶり寒冬か—気象庁

2月15日(木)18時9分 時事通信

 気象庁は15日、今冬(昨年12月〜今月)の気温がほぼ全国的に低くなり、日本海側を中心に大雪となった要因の一つはラニーニャ現象にあると発表した。太平洋赤道域東部(南米沖)の海面水温が平年より低くなる現象で、昨年秋から発生。この影響で日本付近では偏西風が南に蛇行し、北の大陸側から寒気が流れ込みやすくなったという。
 今冬の平均気温(今月14日まで)は北日本(北海道と東北)で平年を0.1度、東日本と沖縄・奄美で0.9度、西日本で1.7度、それぞれ下回った。東・西日本と沖縄・奄美は過去2年連続で暖冬だったが、3年ぶりに寒冬となる可能性が高まった。 

[時事通信社]

時事通信

「気象庁」をもっと詳しく

「気象庁」のニュース

BIGLOBE
トップへ