<自転車スマホ>死亡事故の女子学生を書類送検 神奈川県警

2月15日(木)15時43分 毎日新聞


 スマートフォンを手に持ちながら電動アシスト自転車を運転し、歩行者に衝突して死亡させたとして、神奈川県警麻生署は15日、川崎市麻生区の女子大学生(20)を重過失致死容疑で横浜地検川崎支部に書類送検した。


 送検容疑は昨年12月7日午後3時15分ごろ、同区上麻生2の市道交差点で自転車を発進させた直後、歩道にいた近くに住む無職、米沢晶子さん(77)に衝突して転倒させ、死亡させたとしている。


 同署によると、大学生は当時、左手にスマホ、右手に飲み物を持ちながらハンドルを支え、左耳にイヤホンをしていた。直前まで操作していたスマホをポケットにしまおうと、下を向いた際に衝突した。大学生は容疑を認め、「衝突するまで(米沢さんに)気がつかなかった」と話しているという。


 同署は、前方不注意と両手に物を持ってブレーキをかけられない状態だったことが事故の原因とみている。【中村紬葵】

毎日新聞

「神奈川県警」をもっと詳しく

「神奈川県警」のニュース

BIGLOBE
トップへ