<強制わいせつ>女子高校生被害、機動隊員を逮捕 千葉県警

2月15日(木)16時45分 毎日新聞


 女子高校生にわいせつな行為をしたなどとして、千葉県警捜査1課は15日、同県警第2機動隊所属の巡査、明智洋平容疑者(24)=千葉市稲毛区長沼原町=を強制わいせつと窃盗の容疑で逮捕した。


 逮捕容疑は2016年7月下旬の午後7時ごろ、同県内の鉄道駅前に止めてあった50代男性会社員の自転車を盗み、約1時間後、自転車で帰宅途中の女子高校生を押し倒して転倒させ、体を無理やり触ったとしている。「間違いありません」と容疑を認めている。


 同課は被害者の特定につながるとして、事件の日付や詳しい発生場所を明らかにしていない。


 同課によると、明智容疑者は夏季休暇中だった。盗んだ自転車で移動後にわいせつ行為に及んだとみられ、女子高生が「男に押し倒された」と110番した。現場は人通りが少なく暗い場所だったという。


 明智容疑者は16年3月から同隊に所属し、雑踏警備などを担当していた。県警監察官室の山本能之首席監察官は「警察官として言語道断の行為。被害者と県民に深くおわびする」とコメントした。【斎藤文太郎】

毎日新聞

「わいせつ」をもっと詳しく

「わいせつ」のニュース

BIGLOBE
トップへ