「納車遅れた迷惑料だ」試乗バイク盗んだ56歳男を逮捕 警視庁

2月15日(木)10時45分 産経新聞

 オートバイ販売店の試乗バイクを盗み、店長をはねようとしたとして、警視庁亀有署は事後強盗容疑で、葛飾区青戸の自営業、今西和法容疑者(56)を逮捕した。「納車が遅れた迷惑料としてバイクを受け取っただけだ」と容疑を一部否認している。

 逮捕容疑は11日午後0時20分ごろ、同区白鳥のオートバイ販売店で、駐車してあった試乗用の大型バイク(時価120万円相当)を盗み、取り返そうとした男性店長(42)をはねようとしたとしている。店長にけがはなかった。

 同署によると、今西容疑者はバイクのローン契約をめぐって店側とトラブルになっており、迷惑料として27万円を請求していたという。

産経新聞

「バイク」をもっと詳しく

「バイク」のニュース

BIGLOBE
トップへ