日本郵便の損害1億円超か 元部長ら収賄容疑 DM発送料金、安く申告を黙認

2月15日(木)14時15分 産経新聞

 ダイレクトメール(DM)の発送料金を安くした見返りに発送代行会社から接待を受けたとして、神奈川県警捜査2課は15日、日本郵便株式会社法違反(加重収賄)と背任の疑いで、青葉郵便局(横浜市青葉区)の元郵便部長、長谷川彰容疑者(52)=同県大和市=を逮捕した。

 また、同法の贈賄容疑と背任容疑で、東京都中央区のDM発送代行会社「ティーティーオー」元幹部、山橋政道容疑者(41)=東京都江戸川区=を、背任容疑で同社元社員の荒井和也容疑者(29)=同=をそれぞれ逮捕した。同課は3人の認否を明らかにしていない。

 同課によると、郵政民営化後、日本郵便株式会社法の贈収賄容疑を適用するのは全国初。日本郵便の損害額は1億円を超えるとみられる。

 逮捕容疑は、平成29年1月〜8月の72回にわたり、発送代行会社が郵便局に持ち込んだDMについて、実際よりも少ない数量の申告だったにも関わらず黙認。正規料金との差額を受け取らずに日本郵便に損害を与え、見返りとして同時期に約30回にわたって計約60万円相当のキャバクラなどの接待を受けたとしている。

 同課によると、同8月に日本郵便の内部調査で発覚し、長谷川容疑者は部長職を外れた。長谷川容疑者は前任地の別の郵便局の部長時代から、この代行会社と不正を繰り返していたとみられるという。

 日本郵便南関東支社(川崎市)は「社員が逮捕されたことは把握しているが、事実関係を確認中でコメントできない」としている。

産経新聞

「郵便」をもっと詳しく

「郵便」のニュース

BIGLOBE
トップへ