スマホ手に死亡事故、女子大学生を重過失致死容疑で書類送検

2月15日(木)12時31分 TBS


 去年12月、川崎市でスマートフォンを操作しながら電動アシスト自転車に乗り、歩いていた女性をはねて死亡させたとして、警察は、20歳の女子大学生を書類送検しました。
 この事故は、去年12月、川崎市麻生区の歩道で、女子大学生(20)が電動アシスト自転車を発進させたところ、歩いていた米澤晶子さん(77)と衝突し、米澤さんが死亡したものです。警察によりますと、当時、女子大学生は耳にイヤホンをつけ、右手には飲み物を持ち、左手でスマートフォンを操作していたということです。

 警察は、15日、女子大学生が前方を見る注意義務を怠っていたとして、重過失致死の疑いで書類送検しました。任意の調べに対し、女子大学生は「直前にスマホをポケットにしまおうとしていた。重大事故を起こして申し訳ありません」と話しているということです。(15日11:35)

TBS

「スマホ」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「スマホ」のニュース

BIGLOBE
トップへ