森友問題、麻生財務相「佐川長官は極めて有能」

2月15日(木)15時10分 TBS


 森友学園問題で野党側から批判を受けている佐川国税庁長官について、麻生財務大臣が国税庁長官への起用は適切だったという考えを改めて強調しました。
 「(佐川国税庁長官について)“適材適所”というお言葉を使われましたけれども、それは今でもそう思っておられますか」(立憲民主党 海江田万里衆院議員)

 「国税局の審議官等々やって“極めて有能な役人” だったという意識は私にはあります。したがいまして、今、この佐川というのはこの問題に関して、いわゆる虚偽答弁をしたとかいうわけでもありませんし、私どもとしては“極めて適切な人材”だと思っております」(麻生太郎財務相)

 また、佐川氏が、森友学園との「交渉記録は廃棄した」と答弁しながらも、今月9日になって財務省が新たに内部文書を公表したことについて、麻生氏は「個別の面会記録でないということもはっきりした」と指摘し、「交渉記録」ではないという認識を改めて示しました。(15日13:17)

TBS

「財務相」をもっと詳しく

「財務相」のニュース

BIGLOBE
トップへ