外壁に映像、規制除外求める…五輪向け利用促進

2月15日(木)20時3分 読売新聞

 政府の規制改革推進会議がまとめた建物の外壁に映像を投影する「プロジェクションマッピング(PM)」の普及に向けた意見書が14日、明らかになった。

 PMを「屋外広告物」としての規制対象から除外することが柱だ。

 2020年東京五輪・パラリンピックをにらみ、イベントなどでの利用促進が狙いで、意見書は「(PMは)屋外広告物として規制されて活用が進んでいない」と指摘。「屋外広告物に含まれないことを明確にする」「必要最小限のルールを早急に定める」——ことを求めている。PMが屋外広告物法の定める「屋外広告物」に該当するかどうかは、都道府県や政令市が判断するが、看板などと同様に屋外広告物として表示面積や設置場所を制限されることが少なくないという。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「規制」をもっと詳しく

「規制」のニュース

BIGLOBE
トップへ