知事、院内感染の可能性認める…和歌山の病院関係者計5人に

2月15日(土)22時37分 読売新聞

新型コロナウイルスの感染者について記者会見する仁坂吉伸知事(左)と野尻孝子・県福祉保健部技監(15日午後、和歌山県庁で)=東直哉撮影

写真を拡大

  新型コロナウイルスの感染が拡大する中、和歌山県と東京都、愛知県で15日、新たに12人の感染が確認された。和歌山県では院内感染の疑いが強まった。クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船者67人の感染も判明し、国内で感染が確認されたのは計338人になった。

 和歌山県では、医師と患者の計2人の感染が確認されていた同県湯浅町の済生会有田病院で、新たに3人の感染が判明した。県によると、すでに感染が判明している男性外科医(50歳代)と同じ外科で勤務する同僚の男性医師(同)とその妻(同)、入院患者の男性(60歳代)で、この病院に関係する感染者は計5人となった。5人は和歌山県在住の日本人で中国への直近の渡航歴はなく、仁坂吉伸知事は記者会見で院内感染の可能性を認めた。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「コロナウイルス」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「コロナウイルス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ