西日本は警報クラスの大雪に警戒

2月16日(日)17時49分 tenki.jp

週明け月曜日から火曜日は、九州や四国、中国地方で大雪、平地でも積雪の恐れあり。交通機関への影響に要警戒!

西日本は警報クラスの大雪に警戒

西日本は平地でも本格的に降雪

あす17日午後9時の天気の予想分布です。ご覧のように九州や山陰から北海道にかけて主に日本海側で降雪を示す白の分布が広がっています。特に強く降りそうなのが、九州や四国、中国地方です。西日本の上空約5500メートルには氷点下36度以下のこの冬最強の寒気が流れ込むためで、西日本では平地でも本格的な雪になるとみられます。

予想降雪量(24時間・多い所)

各地で予想される24時間降雪量は、あす17日夕方までに多い所で、九州と中国地方で15センチ、四国で10センチとなっていて、北海道でも50センチとまとまった降雪になります。さらにあさって18日(火)夕方までに多い所で、北陸が60センチ、中国地方と近畿で50センチ、九州と四国、北海道で40センチの降雪が予想され、週前半は西日本で警報級の大雪となる恐れがあります。

◆防災上の注意・警戒点
積雪や路面の凍結による交通機関への影響、電線や樹木への着雪による停電、ビニールハウスの倒壊には十分な注意・警戒が必要です。また、山間部の積雪の急増する地域では雪崩にも注意が必要です。

tenki.jp

「西日本」をもっと詳しく

「西日本」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ