BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

ふくらはぎの血管が特大ミミズ腫れ!これ危ない病気?

ダイヤモンドオンライン2月17日(金)6時0分
画像:ふくらはぎの血管が特大ミミズ腫れ!これ危ない病気?
写真を拡大

出産の喜びを吹き飛ばした

ふくらはぎの特大“ミミズ腫れ”


 (やだ、何これ、気持ち悪い!)


 ショックで麻美さん(仮名・35歳)は血の気が引いた。


 脚の裏、ちょうど「ひざ裏」から「ふくらはぎ」にかけて、血管がボコボコと盛り上がり、特大のミミズ腫れのようになっている。指で触れると柔らかな弾力があるが特に痛くはない。しかし、異様だ。


 (いつから、こんなことになっていたのかしら)


 思考を巡らす。


 実は麻美さん、2ヵ月ほど前に2人目の子どもを出産したばかり。上の子と新生児の世話でてんてこ舞いの日々を送っていた。


 そんななか、気になっていたのは、立ち上がる瞬間にピリリと走る、脚裏の痛みだった。よく見ると、脚全体にむくみも出ていたが、


 (育児疲れよね、本当にくたくただもの)


 自分に言い聞かせて放置していたのである。


 しかし今朝、どうしようもないダルさを感じ、脚をさすっていたところ、「ボコボコミミズ腫れ」を発見してしまったのだった。


 (なんだろう、もしや寄生虫?皮膚の下をはい回る虫がいるって、前にテレビで観たことがあるけど、あれかしら。でなかったら、血管の病気?破裂しちゃうとか?どうしよう私、死んじゃうかも)


 麻美さんはへなへなと、その場に座り込んでしまった。




続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

DIAMOND,Inc. All Rights Reservedi.

はてなブックマークに保存

ダイヤモンドオンライン

最新トピックス

国内トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「ミミズ」をもっと詳しく

注目ニュース
北ミサイル発射、日本海のEEZに落下 読売新聞5月29日(月)8時51分
北朝鮮は29日午前5時40分頃、同国東部の元山(ウォンサン)付近から弾道ミサイル1発を発射し、日本海の排他的経済水域(EEZ)内に落下した。韓国軍によると、約450キロ・メートル飛行し、弾道ミサイル「スカッド」系列と推定。米太平洋軍は、北朝鮮が短距離弾道ミサイルを発射し、6分間飛行したと発表した。[ 記事全文 ]
「喪服」客に寿司店長が塩まく 「葬儀後の飲食店」で大議論 J-CASTニュース5月28日(日)11時0分
葬儀の後、喪服のまま飲食店に立ち寄ったら、店主から露骨に邪険にされた——そんな新聞投書をきっかけに、ツイッターなどで議論が起こっている。[ 記事全文 ]
海保、船舶に航行警報 北朝鮮弾道ミサイル発射 共同通信 47NEWS5月29日(月)10時23分
北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて、海上保安庁は29日午前6時3分、日本近海を航行する船舶に注意を促す「航行警報」を出した。[ 記事全文 ]
「ポスト安倍」中途半端な岸田文雄外相 宏池会60年「原点の地」で意欲も対決回避  産経新聞5月28日(日)21時13分
安倍晋三首相の次の自民党総裁の座をめぐり、岸田派(宏池会)会長の岸田文雄外相が首相につかず離れずの姿勢を見せている。[ 記事全文 ]
加計学園、森友問題と類似=安倍首相への忖度焦点 時事通信5月28日(日)14時14分
学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画をめぐり、安倍晋三首相への忖度(そんたく)が働いたかどうかが焦点となっている。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア