BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト

「コロボックル物語」佐藤さとるさん死去 「思い出が消えるようで...」

J-CASTニュース2月17日(金)18時34分
画像:コロボックル物語シリーズ第一作「だれも知らない小さな国」(講談社)
写真を拡大
コロボックル物語シリーズ第一作「だれも知らない小さな国」(講談社)

「コロボックル物語」シリーズの作者で、日本のファンタジー小説の草分けとして知られる児童文学作家の佐藤さとる(本名・佐藤暁)さんが2017年2月9日、心不全のため死去していたことがわかった。88歳だった。2月17日、佐藤さんの長女がJ-CASTニュースの取材に明かした。

1959年の作家デビュー以降、50年以上にわたって創作活動を続けた。世代を超えて愛された児童文学作家の訃報に、ネット上には「物語を楽しむことを教えて頂いた」「思い出が消えるようで残念」といった声が幅広い年代層のユーザーから相次いでいる。




国際アンデルセン賞国内賞も受賞



1928年、神奈川県横須賀市生まれ。学生時代から童話の創作を志し、大学卒業後の1950年に同人誌「豆の木」を創刊。その後、出版社に勤務しながら創作活動を続け、1959年に身長3センチほどの小人の世界を描いた「コロボックル物語」シリーズの第一作となる「だれも知らない小さな国」でデビューした。



「だれも知らない...」では、毎日出版文化賞や国際アンデルセン賞国内賞などを受賞。その後も活発な創作活動を続け、「コロボックル物語」シリーズは24年の歳月をかけて完結。他の作品に、野間児童文芸賞を受賞した「おばあさんのひこうき」(1967年)、赤い鳥文学賞を受賞した「天狗(てんぐ)童子」(2006年)がある。



晩年も定期的に新作を発表しており、2016年3月には自伝小説「コロボックルに出会うまで」が刊行されたばかりだった。佐藤さんの長女によれば、16年11月15日から体調が思わしくなくなり、入院していた。その後2月1日に自宅へ戻り、9日に亡くなったという。



 

有川浩さんが2014年から続編の執筆



世代を超えて愛されるロングセラー作品を数多く生み出した作家の訃報に、ツイッターでは幅広い層のユーザーから、



「物語を楽しむことを教えて頂いた作家さんのひとり。涙が止まりません」

「佐藤さとるさん、小さい頃良く読みました。思い出が消えるようで残念です」

「コロボックルシリーズ大好きでした...本当に本当に大好きでした...」

「子供の頃、佐藤さんのお話にのめり込んでのめり込んで、現実とお話のなかのことが一緒くたになったものです。 本当にありがとうございました」


といった追悼の声が数多く出ている。



なお、一度は完結した「コロボックル物語」だが、人気作家の有川浩(ひろ)さんが2014年に同シリーズの新作を発表。長女によれば、他作家による続編の執筆について、



「(佐藤さんは)最初は色々な作家に自由に書いてもらいと思っていたようですが、出来あがった作品を見た後に『やっぱり有川さんだけに書いてもらいたい』と意見を変えていました」


という。

Copyright(C) 2006-2017 株式会社ジェイ・キャスト

はてなブックマークに保存

J-CASTニュース

最新トピックス

国内トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「「コロボックル物語」佐藤さとるさん死去 「思い出が消えるようで...」」の関連ニュース

注目ニュース
<森友学園>昭恵首相夫人のあいさつ削除 HPから 毎日新聞2月23日(木)19時58分
森友学園が大阪府豊中市の国有地に開校予定の小学校「瑞穂の国記念小学院」のホームページ(HP)から、名誉校長として紹介されていた安倍晋三首相…[ 記事全文 ]
築地市場、駐車場など35棟が約12年違法状態 更新許可怠る 都のずさんな管理浮き彫りに 産経新聞2月23日(木)20時55分
東京都は23日、築地市場(中央区)で業者が使用する正門仮設駐車場など35棟の仮設建築物の使用許可期限が、平成17年5月に切れていたと明らか…[ 記事全文 ]
放火容疑で逮捕の男は地元の消防団員 TBS2月23日(木)20時13分
東京・足立区で灯油をまいて落ち葉などに火を放ったとして逮捕された会社員の男が、地元の消防団員だったことがわかりました。[ 記事全文 ]
「レヴォーグ」6万台リコール=火災2件、エンジン不具合—富士重 時事通信2月23日(木)15時22分
富士重工業は23日、エンジンに不具合があったとして、「レヴォーグ」6万4683台(2014年4月〜16年10月製造)のリコール(回収・無償…[ 記事全文 ]
【女子大生ストーカー刺傷】「夢奪われ悔しい」「事件で日常変わってしまった」 被害者の冨田真由さん、供述調書で重い処罰求める 産経新聞2月20日(月)17時20分
「事件で顔に傷が残り、もう女優は無理だと思う。歌だけは奪われたくないと考え、リハビリを続けている。悔しくてたまらない」昨年5月にファンだっ…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア