BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

「コロボックル物語」佐藤さとるさん死去 「思い出が消えるようで...」

J-CASTニュース2月17日(金)18時34分
画像:コロボックル物語シリーズ第一作「だれも知らない小さな国」(講談社)
写真を拡大
コロボックル物語シリーズ第一作「だれも知らない小さな国」(講談社)

「コロボックル物語」シリーズの作者で、日本のファンタジー小説の草分けとして知られる児童文学作家の佐藤さとる(本名・佐藤暁)さんが2017年2月9日、心不全のため死去していたことがわかった。88歳だった。2月17日、佐藤さんの長女がJ-CASTニュースの取材に明かした。

1959年の作家デビュー以降、50年以上にわたって創作活動を続けた。世代を超えて愛された児童文学作家の訃報に、ネット上には「物語を楽しむことを教えて頂いた」「思い出が消えるようで残念」といった声が幅広い年代層のユーザーから相次いでいる。




国際アンデルセン賞国内賞も受賞



1928年、神奈川県横須賀市生まれ。学生時代から童話の創作を志し、大学卒業後の1950年に同人誌「豆の木」を創刊。その後、出版社に勤務しながら創作活動を続け、1959年に身長3センチほどの小人の世界を描いた「コロボックル物語」シリーズの第一作となる「だれも知らない小さな国」でデビューした。



「だれも知らない...」では、毎日出版文化賞や国際アンデルセン賞国内賞などを受賞。その後も活発な創作活動を続け、「コロボックル物語」シリーズは24年の歳月をかけて完結。他の作品に、野間児童文芸賞を受賞した「おばあさんのひこうき」(1967年)、赤い鳥文学賞を受賞した「天狗(てんぐ)童子」(2006年)がある。



晩年も定期的に新作を発表しており、2016年3月には自伝小説「コロボックルに出会うまで」が刊行されたばかりだった。佐藤さんの長女によれば、16年11月15日から体調が思わしくなくなり、入院していた。その後2月1日に自宅へ戻り、9日に亡くなったという。



 

有川浩さんが2014年から続編の執筆



世代を超えて愛されるロングセラー作品を数多く生み出した作家の訃報に、ツイッターでは幅広い層のユーザーから、



「物語を楽しむことを教えて頂いた作家さんのひとり。涙が止まりません」

「佐藤さとるさん、小さい頃良く読みました。思い出が消えるようで残念です」

「コロボックルシリーズ大好きでした...本当に本当に大好きでした...」

「子供の頃、佐藤さんのお話にのめり込んでのめり込んで、現実とお話のなかのことが一緒くたになったものです。 本当にありがとうございました」


といった追悼の声が数多く出ている。



なお、一度は完結した「コロボックル物語」だが、人気作家の有川浩(ひろ)さんが2014年に同シリーズの新作を発表。長女によれば、他作家による続編の執筆について、



「(佐藤さんは)最初は色々な作家に自由に書いてもらいと思っていたようですが、出来あがった作品を見た後に『やっぱり有川さんだけに書いてもらいたい』と意見を変えていました」


という。

Copyright(C) 2006-2017 株式会社ジェイ・キャスト

はてなブックマークに保存

J-CASTニュース

最新トピックス

国内トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

「佐藤さとる」「死去」「作家」「児童文学」の関連トピックス

関連ワード

「「コロボックル物語」佐藤さとるさん死去 「思い出が消えるようで...」」の関連ニュース

注目ニュース
ルトワック博士の緊急警告! 先制攻撃か降伏か 日本が北朝鮮にとるべき選択肢 文春オンライン4月25日(火)7時0分
『戦争にチャンスを与えよ』を上梓したエドワード・ルトワック氏より日本の読者へ向けて緊急の提言が届いた。[ 記事全文 ]
<愛媛大付属病院>「ずさん手術で死亡」遺族4人が賠償提訴 毎日新聞4月25日(火)7時30分
◇医師3人を業務上過失致死容疑で告発、愛媛県警が受理愛媛大医学部付属病院のずさんな手術で母親が死亡したとして、遺族4人が大学と手術を担当し…[ 記事全文 ]
鉄工所の溶解炉付近で爆発、16人負傷…旭川 読売新聞4月25日(火)11時39分
25日午前8時30分頃、北海道旭川市9条通18の「檜山鐵工所」の溶解炉付近で爆発があり、工場長とみられる男性が全身やけどの重傷を負ったほか、従業員15人もやけどなどのけがを負い、病院に搬送された。道警旭川東署などによると、工場内では午前8時頃から16人が作業していた。[ 記事全文 ]
<使い捨てライター>「残り火」でやけど事故67件 毎日新聞4月24日(月)20時23分
◇消費者事故調まとめ防止へ「スライド式」が有効使い捨てライターを使用後、「残り火」が衣類やバッグなどに燃え移ってやけどを負う事故が、これま…[ 記事全文 ]
政府、辺野古沿岸部の護岸の建設に着手 読売新聞4月25日(火)11時24分
沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古沿岸部への移設に向け、政府は25日午前、埋め立て区域を囲む護岸の建設に着手した。海底から大量の石材を積み上げるため、原状回復は困難になる。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 ビニールハウスに忍び込みアスパラガス304本刈り取り 窃盗容疑で女逮捕 産経新聞4月24日(月)11時5分
2 <JR山手線>渋谷駅で男性線路立ち入り 5万人超に影響毎日新聞4月24日(月)11時11分
3 鳩山由紀夫元首相「畑や水田にソーラーパネルを設置すると、作物がよく育つ」と“珍説” 「信金の相談役が言っていた」に「農業知らない妄言」「思いつきで薄っぺら」と批判殺到も擁護の声も産経新聞4月23日(日)23時13分
4 手をつなぎ電車に飛び込む?…高齢女性2人死亡読売新聞4月24日(月)22時53分
5 ルトワック博士の緊急警告! 先制攻撃か降伏か 日本が北朝鮮にとるべき選択肢文春オンライン4月25日(火)7時0分
6 <使い捨てライター>「残り火」でやけど事故67件毎日新聞4月24日(月)20時23分
7 投げ飛ばされた妻死亡…夫を殺人未遂容疑で逮捕読売新聞4月23日(日)20時39分
8 <強姦容疑>障害女性に性的暴行 福祉作業所元運転手を逮捕毎日新聞4月24日(月)13時3分
9 岡山のサーキット事故、心肺停止の2人死亡 共同通信 47NEWS4月24日(月)17時39分
10 町議選で新人候補の得票ゼロ…自身の投票無効か読売新聞4月24日(月)11時5分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア