BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト

「贈り物だと信じていた…」覚醒剤密輸のシンガポール男性に無罪判決 東京地裁のやり直し裁判員裁判

産経新聞2月17日(金)20時0分

 覚醒剤を密輸したとして覚せい剤取締法違反罪などに問われたシンガポール国籍の男性被告(68)の差し戻し裁判員裁判の判決公判が17日、東京地裁で開かれた。大野勝則裁判長は「荷物に違法薬物が隠されているかもしれないと認識していたとまでは言えない」として、無罪(求刑懲役12年、罰金700万円)を言い渡した。

 男性は平成25年9月に覚醒剤約9キロをキャリーケースに隠して羽田空港から入国し、密輸したなどとして起訴された。公判では「違法薬物が隠されていることは知らなかった」と無罪を主張していた。

 1度目の裁判員裁判で東京地裁は27年3月、懲役12年、罰金700万円としたが、東京高裁が手続きの誤りを指摘して1審を破棄し、審理を地裁に差し戻した。

 差し戻し裁判で弁護側は「知人の依頼で荷物を運び、中身は贈り物だとの説明を信じていた」などと主張。大野裁判長は、鑑定人の証言などから「他にも多額の詐欺的被害にあっていることや、だまされやすいという心理学的特性などに照らせば、疑いを持たずに荷物を運んだ可能性を否定できない」と判断した。

 審理では1度目の裁判での被告人質問などの録画を約8時間再生。法曹三者が1度目の裁判の調書を読み上げ、“再現”する手法も採用された。判決後に会見した裁判員は「録画は休憩をはさみながら見たので集中力が切れることはなく、合理的な方法だと思った」と話した。

Copyright 2017 SANKEI DIGITAL INC.

はてなブックマークに保存

産経新聞

最新トピックス

国内トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「「贈り物だと信じていた…」覚醒剤密輸のシンガポール男性に無罪判決 東京地裁のやり直し裁判員裁判」の関連ニュース

注目ニュース
<傷害容疑>「名古屋の駅で背中押された」男性出血 毎日新聞2月22日(水)11時27分
22日午前7時35分ごろ、名古屋市西区庄内通2の愛知県警西署名塚交番を訪れた同県春日井市の団体職員の男性(54)から「駅のトイレで背中を押…[ 記事全文 ]
千葉大生集団乱暴事件で医師を不起訴処分 千葉地検、理由明かさず 産経新聞2月21日(火)20時6分
千葉大医学部生らが女性に集団で乱暴した事件で、女性にわいせつな行為をしたとして、準強制わいせつ容疑で書類送検されていた男性医師(29)=千…[ 記事全文 ]
アスクル倉庫火災ほぼ消火 発生から丸6日、埼玉 共同通信 47NEWS2月22日(水)10時2分
埼玉県三芳町の事務用品通販アスクルの物流倉庫火災は22日、発生から丸6日が経過した。[ 記事全文 ]
<アスクル倉庫火災>鎮圧、避難勧告解除…発生から丸6日 毎日新聞2月22日(水)11時6分
埼玉県三芳町の事務用品通販会社「アスクル」の物流倉庫で起きた火災は、発生から丸6日が経過した22日朝、ほぼ消し止められた。[ 記事全文 ]
西湘バイパスで車逆走か、衝突し運転の男性死亡 読売新聞2月22日(水)12時0分
22日午前6時頃、神奈川県小田原市板橋の国道1号「西湘バイパス」(自動車専用道路)下り線で、逆走したとみられる軽乗用車が大型トレーラーと正面衝突し、軽乗用車を運転していた同市中村原、左官業星治男さん(63)が死亡した。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア