<猫バンバンは大事>猫が車に入り込むトラブル、1月に19件の救援依頼が発生 車内で猫が出産していた事案も

2月22日(木)0時0分 BIGLOBEニュース編集部

2月22日は「にゃんにゃんにゃん」で猫の日。これにちなんでJAFは、猫が車に入り込んだことによるトラブルの件数を発表。2018年1月に19件の救援依頼に出動した。


猫が原因でJAFが出動した19件のうち、13件はエンジン始動後に異変に気付いたもの。猫がエンジンルームに侵入していることに気付かずエンジンをかけると、エンジンベルトに巻き込まれる場合がある。また、1件は暖かいはずの沖縄県で発生。猫は、暖かさを求めるだけではなく、狭い場所も好むため、JAFには1年を通して車に入り込むトラブルの救援依頼があるという。


さらに、救援依頼の中には「エンジンルーム下部のアンダーカバーの上に猫が4匹生まれていた」という案件も。雨風をしのげる暖かい空間は、母猫にとって子どもを生む良いスペース。愛車が子猫のふるさとになることもあるため、駐車場の周りでよく猫を見かける、長く車に乗っていない場合は特に注意が必要となる。


猫の命を守るために有効な手段は、ボンネットなどエンジンルーム付近を叩く「猫バンバン」。ただ、あまり強く叩きすぎると猫はもっと奥へと入り込むことがあるため、JAFはやさしく叩いてほしいと呼びかけている。

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「トラブル」をもっと詳しく

「トラブル」のニュース

BIGLOBE
トップへ