BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

JTBがブチ切れ? 「るるぶ」そっくり同人誌騒動

J-CASTニュース2月23日(木)19時38分
画像:似てる?似てない?(左は「この『東京交通会館』がすごい」、右は「るるぶ沖縄'17」)
写真を拡大
似てる?似てない?(左は「この『東京交通会館』がすごい」、右は「るるぶ沖縄'17」)

東京・有楽町の商業ビル「東京交通会館」のアンテナショップを紹介する同人誌「この『東京交通会館』がすごい!」に、JTBから「物言い」がついた。

表紙ロゴを同社発行の旅行雑誌「るるぶ」のロゴに似せたことが原因で、抗議を受けたらしい。SNSでは「イチイチ噛みつくような案件とも思えない」との声も上がるが...。



「る○ぶ的な表紙が目印」



「この『東京交通会館』がすごい!」は、東京交通会館に入る30店舗近くのアンテナショップを紹介した情報誌だ。


各店の見どころや名物はもちろん、東京交通会館の成り立ちや歴史に至るまで、詳しく書かれている。発行元は、同人誌サークルの「版元ひとり」だ。


16年10月30日に行われた同人誌即売会で発売。以後、そのクオリティの高さから「アド街ック天国」(テレビ東京)に取り上げられるなど話題を呼び、現在も交通会館1階の三省堂書店有楽町店などで販売(税込648円)されている。


そんな同誌のポイントとも言えるのが、表紙ロゴだ。明らかに「るるぶ」を意識した色使い、デザインで、三省堂書店有楽町店のツイッターアカウントも


「る◯ぶ的な表紙が目印」(16年12月10日のツイート)

と紹介するほど。


そうした「るるぶ」風ロゴの問題点が表面化したのは、発売からおよそ半年を経た17年2月23日。この日、「版元ひとり」を運営する「臼井総理」さんが、JTBから「不正競争防止法に抵触する」との指摘を受けていたことをブログで発表したのだ。


なお、不正競争防止法の第2条2項で、他人の有名な商品表示を自己の商品表示として使用する行為が禁じられている。JTBはこうした条項を踏まえ、抗議したとみられる。
臼井さんは「同社からの指摘すべてに納得するものではありません」としながらも、表紙ロゴで「るるぶ」をインスパイアしたとブログで認めている。



JTB「コメント差し控える」



また、JTBの指摘をうけ、書店の在庫分すべての表紙に「ロゴを隠すシール」を貼付する、「版元ひとり」の公式サイトからロゴを削除する、増刷分に類似ロゴを使わない、といった対応を取ったと報告。


最後に、「他者(社)様の権利等に細心の注意を払った上で、今後とも『楽しく』『役に立つ』『おもしろい』同人誌を作り続けて参ります」と綴った。


臼井さんのブログ記事に対しては、ツイッターで


「これはアウトかも」

「仕方ない」

とJTB側の抗議に理解を示す声が寄せられた一方、


「イチイチ噛みつくような案件とも思えない」

「スルーしてほしい」

といった声も少なくない。


今回、J-CASTニュースは臼井さん、JTBの双方に取材したが、臼井さんは「ノーコメント」。JTB広報室も「コメントは差し控えたい」とのことだった。

Copyright(C) 2006-2017 株式会社ジェイ・キャスト

はてなブックマークに保存

J-CASTニュース
この記事のトピックス

最新トピックス

国内トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「るるぶ」をもっと詳しく

注目ニュース
妻は死去・1歳の息子はいまだに意識不明、相次ぐ無痛分娩事故に夫が心中告白 週刊女性PRIME7月25日(火)20時0分
出産の痛みを麻酔でやわらげ、出産時やその後の疲労などを軽減する無痛分娩。ここ数年、神戸、京都、大阪で起こっていた無痛分娩が原因の事故が最近…[ 記事全文 ]
<NHK>居住者情報照会も 受信料徴収目的 検討委答申案 毎日新聞7月25日(火)21時30分
受信料制度の将来像を検討するNHK会長の諮問機関「NHK受信料制度等検討委員会」(座長=安藤英義・専修大大学院教授)は25日、電力会社やガ…[ 記事全文 ]
<加計問題>「丁寧」一転、首相言葉詰まらせ 閉会中審査 毎日新聞7月25日(火)21時50分
「丁寧な説明」が一転、苦しい弁明に−−。「加計学園」の獣医学部新設計画を巡り、安倍晋三首相が出席して2日間にわたり行われた国会の閉会中審査。[ 記事全文 ]
「19歳の娘がキックボクサーに撲殺された」母親が告白 文春オンライン7月25日(火)20時0分
7月4日、港区新橋のキャバクラ「A」に勤めるホステスの与島稜菜さん(19)が、1時間にわたる暴行を受け、意識不明の重体となった末、10日に…[ 記事全文 ]
バイオリン54丁破壊容疑=制作者の元妻逮捕—愛知県警 時事通信7月25日(火)16時45分
バイオリン制作者だった夫の工房で、バイオリン54丁を壊したとして、愛知県警中村署は25日、住居侵入と器物損壊の疑いで東京都江東区亀戸、自営…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 「19歳の娘がキックボクサーに撲殺された」母親が告白文春オンライン7月25日(火)20時0分
2 <参院閉会中審査>飛び交うヤジ激しく 首相、防戦に終始毎日新聞7月25日(火)11時37分
3 藤井聡太四段の直面する「前例のない」数々の問題まいじつ7月25日(火)10時30分
4 【閉会中審査】〈速報〉民進・桜井充氏が怒声 山本幸三地方創生相にブチ切れ「出て行け!」「時間のムダだから出てくんなよ!」産経新聞7月25日(火)11時58分
5 <特殊詐欺>40,50代の被害急増 電子マネーを悪用毎日新聞7月25日(火)8時57分
6 【閉会中審査】低姿勢の安倍晋三首相、識者の見方は? 「もっと反論していい」「国民が冷静になるべき」産経新聞7月24日(月)22時3分
7 【産経・FNN合同世論調査】民進・蓮舫代表 戸籍一部開示に可否拮抗 政党支持率はさらに下落産経新聞7月24日(月)21時58分
8 首相、加計答弁訂正し陳謝 把握時期矛盾、1月と強調共同通信 47NEWS7月25日(火)10時45分
9 死刑廃止で日弁連が「分裂」 オウム真理教の死刑囚はどうなる?文春オンライン7月25日(火)7時0分
10 自民・木村太郎衆院議員が死去…52歳、7期目読売新聞7月25日(火)11時30分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア