「飛行機も買えないくらい貧乏なのか」 中国ネット民、正恩氏特別列車に「恨み節」

2月27日(水)16時25分 J-CASTニュース

中越国境近くにあるドンダン駅に到着した北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長。特別列車運行の影響を受けた人も多かったようだ(写真は労働新聞ウェブサイトから)

写真を拡大

ベトナム・ハノイで2019年2月27〜28日に行われる2回目の米朝首脳会談を前に、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長が特別列車でベトナム入りした。

祖父の金日成主席が1958年に初めてベトナムを訪問した際は、平壌から中国に列車で移動し、中国で飛行機に乗り換えてベトナム入りしている。このことから、正恩氏も部分的に飛行機を使うとの見方もあったが、実際には2日半をかけて陸路のみを利用した。これで影響を受けるのが中国の鉄道ダイヤだ。中国のネット上では、列車の遅延や交通規制を嘆く声が相次いだ。



丸2日以上にわたって中国国内を走る




正恩氏は2月23日午後に平壌を出発し、中越国境近くにあるドンダン駅に2月26日の8時15分(現地時間)に到着。専用車に乗り換えて首脳会談が行われる首都ハノイに向かった。韓国メディアによると、特別列車は丹東、天津、武漢、長沙、柳州などを経由して約4500キロを走り、所要時間は実に65時間以上。北朝鮮国内を走った時間を除くと、2日以上にわたって中国の国内を走っていたことになる。



香港のフェニックステレビが2月25日、同日朝に正恩氏を乗せたとみられる列車が武漢駅を通過する動画を、中国版のツイッターにあたる微博(ウェイボー、Weibo)に投稿した。この投稿をきっかけに不満の投稿が増えたようだ。



消された?不満のSNS




AFP通信によると、湖南省の鄭州市や長沙市では、道路が閉鎖されたことを伝えるハッシュタグが登場。


「金正恩氏が朝のラッシュ時にやってきて交通規制。悲惨だ」

などと嘆く声が相次いだ。台湾の「アップル・デイリー」は、


「今日(編注:2月25日)の北京-広州路線は全部遅れた」

「中国を通るのであればお金を落とすべきだ。ちょっと太った人が通るために、どうして線路を修理しないといけないのか」

「飛行機も買えないくらい貧乏なのか」

といった恨み節に近い声を伝えている。


ただ、これらの書き込みは現時点では確認できない。中国政府はSNSの投稿への検閲を強化しており、その方針に従って削除された可能性もある。



中国では、旧正月(春節=19年は2月5日)を挟んだ40日程度にわたって、春運と呼ばれる民族大移動が起きる。この期間が完全に終わらないままでの特別列車運行が混乱に拍車をかけた面もありそうだ。



(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

J-CASTニュース

「飛行機」をもっと詳しく

「飛行機」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ