自爆証言した百田尚樹がメルマガでトンデモ裁判報告!『殉愛』を「小説」と書き、たかじんの娘をさらに誹謗中傷

3月5日(土)12時0分 LITERA

ニコニコ動画「百田尚樹チャンネル」より

写真を拡大

 先日3月2日、東京地裁で開かれた、やしきたかじん氏の長女が名誉を傷つけられたとして幻冬舎を相手に『殉愛』の出版差し止めなどを請求した民事訴訟の第9回口頭弁論に初出廷した作者の百田尚樹氏。既報の通り、証言台に立った百田氏は「娘さんは信用できないから取材しなかった」などと言い放つ始末で、ネット上では「よくそれでノンフィクションを謳ったものだ」と百田氏に呆れかえる声があふれている。


 だが、百田氏は全く懲りていないらしい。4日に配信したメールマガジンで裁判報告をしているのだが、いきなりこう切り出したのだ。


〈その裁判は、私が書いた『殉愛』という小説に関係したものです。〉


 え、小説!? この本は〈かつてない純愛ノンフィクション〉(『殉愛』帯の惹句)だったはずだが、小説だったの!? ......一応、百田氏はつづけて〈『殉愛』はやしきたかじん氏の最後の2年間を描いたノンフィクションです。〉とも書いているが、これは今後、「小説のつもり」とでも言い訳するための布石なのだろうか......。


 また、百田氏はこのメルマガでこんなことも述べている。


〈私は娘を必要以上に悪く書くことはしませんでした〉


 長女への悪口など書いていない、と? たとえば『殉愛』では、たかじん氏の死後に行われた「やしきたかじんを偲ぶ会」でさくら夫人が挨拶をするなか、〈一人の中年女性が「早よ、やめろ!」とか「帰れ!」などと大きな声で野次を飛ばしていたのだ。私の周囲にいた人たちが小さな声で「たかじんさんの娘さんらしいで」と言う声が聞こえた〉と書いているが、長女の弁護団が当日の録音記録を確認しても、そんな野次はなかったという。


 また、同じく『殉愛』では、たかじん氏と長女の関係が決裂した原因として長女の送ったメール「なんかわけのわからん韓国女に世話してもらっているらしいな。いざとなったら、私も出るとこに出るよ」という文面が記載されているが、これはさくら夫人の記憶でしかなく、実際の文面は違うものだったことが長女によって明かされている。


 このように『殉愛』には、明らかに長女が悪者だとミスリードするような記載が多々あるが、それでも百田氏は〈必要以上に悪く書くことはしませんでした〉などと言っているのだ。


 しかも百田氏は、『殉愛』だけでは飽き足らず、このメルマガでも長女を一方的に貶める記述を行っているのだ。


〈その本の中で、私はたかじん氏が娘さんに対して、大いなる失望と怒りを持ったことを書きました。その理由は、たかじん氏が癌になったことを娘に告げたのに、娘は「あ、そう」と言っただけで、いたわる言葉もかけず、2年間の闘病生活の末に亡くなるまで、ついに一度も見舞いにも来なかったからです。〉


 こう百田氏は断言するが、これは一方的な情報だ。実際、たかじんの弟である家鋪渡氏は、『百田尚樹『殉愛』の真実』(宝島社)のなかで「姪(たかじん氏の長女)は、兄貴が入院する前から直接、本人と電話やメールのやりとりをしていたんですが、兄貴が入院する直後(12年2月)から、ぱったりと連絡がとれんようになったそうです。いくら電話をかけても繋がらず、メールを送っても返信が来なくなった、と」と証言している。裁判でも、『殉愛』の20箇所以上の記述に対し"誰に対する取材に基づいているのか"と問われた百田氏は、その半分近くを「奥さんに聞いた」と連発、残りの箇所もさくら夫人の代理人的な動きをしていた人物の名前ばかりを挙げた。さくら夫人の話を鵜呑みにし、遺族に一切取材を行っていないのに、よくも胸を張れたものだ。


 しかも、百田氏はこのメルマガで、さらに長女の名誉を傷つける言葉を言い放っている。


〈たかじん氏は生前残した多くのメモの中に、娘に対して激しいののしりと怒りの言葉が書き連ねてありました。ここには敢えて書きませんが、娘の人間性に対して全否定とも取れる言葉もありました。〉
〈また、遺言書を作成する前日の録音テープには、たかじん氏が「(娘に)遺産はやりたくない」「(娘は)遺産を貰えるようなことはしてこなかった」と憎々しげに語っています(私はそれを聞いています)。〉


 もちろん、これらの百田氏が物証とするメモや録音テープは、さくら夫人が提供しているものであり、生前のメモにかんしては多くの疑問が投げかけられている。事実かどうかの検証も行われていないデータをもとに長女を貶めるようなこの記述は、明らかに名誉毀損にあたる。


 しかも、百田氏はこのメルマガで、またしても嘘を書き連ねている。百田氏は長女の次は元マネージャーのK氏に矛先を向け、実名を挙げた上で、〈ちなみにさくらさんの悪口のほとんどの出所はK氏(メルマガでは実名を表記)です〉と記述。さくら夫人が訴えた大阪のブログ主(その後、和解)やたかじん氏の元弟子(控訴中)は、K氏が情報の出所だというのだ。


 しかし、〈さくらさんの悪口のほとんどの出所〉は、K氏だけであるはずがない。今回の騒動は、『殉愛』の内容に胡散臭さを感じたネット上の人びとの追跡調査によって、さくら夫人のイタリア人男性との婚姻歴が暴かれたことに端を発する。つまり〈悪口〉などではなく、『殉愛』の記載内容が真実ではないという告発であったのだ。


 だが、百田氏はこうしたネットで大反発を受けたことも、〈世間の嫉妬〉と表現する。


〈しかし世間の嫉妬は恐ろしいものがあります。「たったの2年間看病しただけで、2億円もの遺産を貰った女は許せない!」というものです。またさくらさんの過去に結婚歴があったということで、悪女であると決めつけて、猛烈なバッシングをしました。中には、幻冬舎も百田もグルだという声もありました。〉


 やはり、この人は何もわかっていない。ネット上で批判が噴出したのは、夫人が〈2億円の遺産を貰った女〉だからではなく、「ノンフィクション」を謳っているのに読者を欺く嘘の記述があったからだ。さらに〈百田もグル〉という批判は、さくら夫人が「OSAKAあかるクラブ」へ寄付金放棄を迫った際に百田氏も同席していたという事実があってのこと。これは著者と取材者の関係を越えたノンフィクション作家としてあるまじき話であり、〈グル〉と非難を受けるに値する行為だ。


 長女の訴えに対する反省はおろか、いまだ書きたい放題の百田氏。以前、百田氏はTwitterに〈本には敢えて書かなかったいろんな証拠を、すべて法廷に提出する。一番おぞましい人間は誰か、真実はどこにあるか、すべて明らかになる〉と投稿しているが、さっさとその証拠とやらを見せてほしいものだ。
(編集部)


LITERA

「百田尚樹」をもっと詳しく

「百田尚樹」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ