BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

理由なく「懐中電灯」持ってると逮捕される 軽犯罪法違反になる意外な物品

J-CASTニュース3月12日(日)9時0分
画像:懐中電灯の携帯で犯罪になる可能性がある(写真はイメージ)
写真を拡大
懐中電灯の携帯で犯罪になる可能性がある(写真はイメージ)

福岡県大野城(おおのじょう)市で、土木作業員の41歳の男(いずれも自称)が軽犯罪法違反容疑で現行犯逮捕された。


逮捕の理由は、正当な理由なく「懐中電灯」を携帯していたことだった。懐中電灯の何が犯罪にあたるのかと、インターネット上では驚きが広がっている。



「他人の邸宅又は建物に侵入するのに使用されるような器具」



J-CASTニュースの2017年3月9日の取材に応じた福岡県警察本部の広報課担当者によると、今回の件で男が逮捕されたのは2月28日4時2分、場所は大野城市内の路上だった。容疑の内容については



「同日3時28分ごろ、正当な理由なく他人の邸宅又は建物に侵入するのに使用されるような器具である懐中電灯を隠して携帯していたものである」


と話している。本人の認否などはあきらかになっていない。



県警ウェブサイトにも「正当な理由なく、懐中電灯を隠して携帯していた容疑で逮捕しました」という情報が掲載されており、これがインターネット掲示板「2ちゃんねる」で取り上げられると、「懐中電灯」がおよそ犯罪と結びつかなかったためか、多くのユーザーが反応した。



「懐中なのに懐に入れて歩いたらアウトなのか」

「バットをなんの意味もなく持ち歩いてるやつがいたら怖いだろ。それと同じ。同じか・・・?」

「どゆこと。あいつ人んちに侵入するかもしれない罪にあたるってことか」

「懐中電灯ダメならペンライトもアウトじゃね?何が違うん?」


一体どういう罪なのか。アディーレ法律事務所の岩沙好幸弁護士はJ-CASTニュースの取材に対し、「県警の述べる犯罪事実の概要に照らすと、軽犯罪法上で該当するのは同法1条3号の侵入具携帯の罪であるものと考えられます」と話す。



軽犯罪法1条3号には確かに「正当な理由がなくて合かぎ、のみ、ガラス切りその他他人の邸宅又は建物に侵入するのに使用されるような器具を隠して携帯していた者」とあり、これに該当した場合「拘留又は科料に処する」と規定されている。



「ペンライト」の携帯で有罪認定した裁判例も



岩沙好幸弁護士によると、過去「ペンライト」の携帯を軽犯罪法違反として有罪認定した裁判例が1986年1月13日の東京地裁判決に存在する。そのため



「懐中電灯も、客観的な携帯の態様(隠していると言えるかどうか)、犯人の逮捕前の挙動(他人の邸宅等へ侵入する素振りがあったかどうか)、携行する正当理由があったかどうか(業務上の必要性など)を総合考慮し、軽犯罪法上の侵入具と認定される可能性は十分にあるでしょう」


と話している。



同条項で具体的に定めがある「器具」は「合かぎ」「のみ」「ガラス切り」で、あとは「その他他人の邸宅又は建物に侵入するのに使用されるような器具」とされている。懐中電灯以外にもこれに該当しそうな物として、ネット上ではドライバーセットや金属バット、護身用ナイフなどがあげられていた。岩沙弁護士はこうした物について次のように話す。



「裁判例でこれらの『器具』として認定されたものは、ハンマー、タイヤレンチ、金槌、ニッパー、スパナ、ボルトカッターなど様々です。したがって、サイズ・形状次第ではありますが『ドライバーセット』『金属バット』『護身用ナイフ』についても、正当な理由なく携帯していると同法に該当する可能性はあるでしょう」


同条項では「器具」のサイズの基準は定めがないが、「『隠して携帯』とあることから、隠して携帯することが困難な大きな器具は除外されるのではないかと推測されます」という。



ただ、同条項違反を認めるには条文上「正当な理由がな(い)」ことが必要だ。逆に、「正当な理由のある懐中電灯の携帯」としてはどんな状況が考えられるかを岩沙弁護士に聞くと、こう話した。



「例としては『夜間、土木工事に従事する者が対向車に自己を知らせる手段として懐中電灯を現場で携帯していること』などが挙げられます。また、『遠出をして散歩しようと、鳥目で夜間に視野が著しく迫る身体的特徴を持っている者が、帰宅が夜間になる場合に備え、いつでも取り出せるよう懐に懐中電灯を持っていた』場合も正当な理由と言えるでしょう」
Copyright(C) 2006-2017 株式会社ジェイ・キャスト

はてなブックマークに保存

J-CASTニュース
この記事のトピックス

最新トピックス

国内トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「懐中電灯」をもっと詳しく

注目ニュース
中学生と自宅でみだらな行為、容疑で市議を逮捕 読売新聞6月26日(月)13時16分
警視庁は26日、千葉県市川市議、三浦一成容疑者(28)(千葉県市川市堀之内)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で逮捕した。発表によると、三浦容疑者は昨年9月8日、自宅で、当時中学1年生で13歳だった女子生徒に現金3万円を渡し、みだらな行為をするなどした疑い。「覚えていない」と容疑を否認している。[ 記事全文 ]
<福岡保険金殺人>90歳死刑囚が死亡 拘置所で窒息死 毎日新聞6月26日(月)12時47分
法務省は26日、1978〜79年に福岡市で内縁の妻の子ら3人を保険金目当てに殺害したとして殺人や詐欺罪などに問われ、死刑を言い渡された元タ…[ 記事全文 ]
F35に空対地ミサイル検討…射程300キロ 読売新聞6月26日(月)8時38分
政府は、航空自衛隊に配備予定の最新鋭ステルス戦闘機「F35」に、遠く離れた地上の敵を攻撃できる「空対地ミサイル」を導入する方向で検討に入った。自衛隊への導入は初めてとなり、2018年度予算に関連経費の計上を目指している。[ 記事全文 ]
豊田氏を「あれ女性です」 麻生氏、講演で 共同通信 47NEWS6月25日(日)0時30分
麻生太郎副総理兼財務相は24日、新潟県新発田市で開かれた自民党麻生派議員の会合で講演し、秘書への暴行問題で離党届を提出した豊田真由子衆院議…[ 記事全文 ]
小1女児に体液をかけた疑い、小学校教諭逮捕 TBS6月25日(日)0時20分
小学1年生の女の子に自分の体液をかけたとして、神奈川県の小学校の教諭が警察に逮捕されました。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア