BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

理由なく「懐中電灯」持ってると逮捕される 軽犯罪法違反になる意外な物品

J-CASTニュース3月12日(日)9時0分
画像:懐中電灯の携帯で犯罪になる可能性がある(写真はイメージ)
写真を拡大
懐中電灯の携帯で犯罪になる可能性がある(写真はイメージ)

福岡県大野城(おおのじょう)市で、土木作業員の41歳の男(いずれも自称)が軽犯罪法違反容疑で現行犯逮捕された。


逮捕の理由は、正当な理由なく「懐中電灯」を携帯していたことだった。懐中電灯の何が犯罪にあたるのかと、インターネット上では驚きが広がっている。



「他人の邸宅又は建物に侵入するのに使用されるような器具」



J-CASTニュースの2017年3月9日の取材に応じた福岡県警察本部の広報課担当者によると、今回の件で男が逮捕されたのは2月28日4時2分、場所は大野城市内の路上だった。容疑の内容については



「同日3時28分ごろ、正当な理由なく他人の邸宅又は建物に侵入するのに使用されるような器具である懐中電灯を隠して携帯していたものである」


と話している。本人の認否などはあきらかになっていない。



県警ウェブサイトにも「正当な理由なく、懐中電灯を隠して携帯していた容疑で逮捕しました」という情報が掲載されており、これがインターネット掲示板「2ちゃんねる」で取り上げられると、「懐中電灯」がおよそ犯罪と結びつかなかったためか、多くのユーザーが反応した。



「懐中なのに懐に入れて歩いたらアウトなのか」

「バットをなんの意味もなく持ち歩いてるやつがいたら怖いだろ。それと同じ。同じか・・・?」

「どゆこと。あいつ人んちに侵入するかもしれない罪にあたるってことか」

「懐中電灯ダメならペンライトもアウトじゃね?何が違うん?」


一体どういう罪なのか。アディーレ法律事務所の岩沙好幸弁護士はJ-CASTニュースの取材に対し、「県警の述べる犯罪事実の概要に照らすと、軽犯罪法上で該当するのは同法1条3号の侵入具携帯の罪であるものと考えられます」と話す。



軽犯罪法1条3号には確かに「正当な理由がなくて合かぎ、のみ、ガラス切りその他他人の邸宅又は建物に侵入するのに使用されるような器具を隠して携帯していた者」とあり、これに該当した場合「拘留又は科料に処する」と規定されている。



「ペンライト」の携帯で有罪認定した裁判例も



岩沙好幸弁護士によると、過去「ペンライト」の携帯を軽犯罪法違反として有罪認定した裁判例が1986年1月13日の東京地裁判決に存在する。そのため



「懐中電灯も、客観的な携帯の態様(隠していると言えるかどうか)、犯人の逮捕前の挙動(他人の邸宅等へ侵入する素振りがあったかどうか)、携行する正当理由があったかどうか(業務上の必要性など)を総合考慮し、軽犯罪法上の侵入具と認定される可能性は十分にあるでしょう」


と話している。



同条項で具体的に定めがある「器具」は「合かぎ」「のみ」「ガラス切り」で、あとは「その他他人の邸宅又は建物に侵入するのに使用されるような器具」とされている。懐中電灯以外にもこれに該当しそうな物として、ネット上ではドライバーセットや金属バット、護身用ナイフなどがあげられていた。岩沙弁護士はこうした物について次のように話す。



「裁判例でこれらの『器具』として認定されたものは、ハンマー、タイヤレンチ、金槌、ニッパー、スパナ、ボルトカッターなど様々です。したがって、サイズ・形状次第ではありますが『ドライバーセット』『金属バット』『護身用ナイフ』についても、正当な理由なく携帯していると同法に該当する可能性はあるでしょう」


同条項では「器具」のサイズの基準は定めがないが、「『隠して携帯』とあることから、隠して携帯することが困難な大きな器具は除外されるのではないかと推測されます」という。



ただ、同条項違反を認めるには条文上「正当な理由がな(い)」ことが必要だ。逆に、「正当な理由のある懐中電灯の携帯」としてはどんな状況が考えられるかを岩沙弁護士に聞くと、こう話した。



「例としては『夜間、土木工事に従事する者が対向車に自己を知らせる手段として懐中電灯を現場で携帯していること』などが挙げられます。また、『遠出をして散歩しようと、鳥目で夜間に視野が著しく迫る身体的特徴を持っている者が、帰宅が夜間になる場合に備え、いつでも取り出せるよう懐に懐中電灯を持っていた』場合も正当な理由と言えるでしょう」
Copyright(C) 2006-2017 株式会社ジェイ・キャスト

はてなブックマークに保存

J-CASTニュース
この記事のトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「理由なく「懐中電灯」持ってると逮捕される 軽犯罪法違反になる意外な物品」の関連ニュース

注目ニュース
新千歳行き快速にはねられ女性死亡、バス停に列 読売新聞3月24日(金)14時7分
24日午前9時10分頃、札幌市中央区北3東13のJR函館線苗穂駅で、女性が手稲発新千歳空港行き快速エアポート90号(6両、乗客681人)にはねられ死亡した。[ 記事全文 ]
<元名大生事件>名古屋地裁、主文を後回し 毎日新聞3月24日(金)14時14分
大学1年時に名古屋市で知人の森外茂子さん(当時77歳)を殺害し、高校2年時に仙台市で中学時代や高校の同級生2人に劇物の硫酸タリウムを飲ませ…[ 記事全文 ]
首相夫人と籠池夫人のやりとり、メールの記録公開 TBS3月24日(金)12時2分
国会で安倍昭恵総理夫人が籠池氏側とどのようなやりとりを行ったのかが焦点となるなか、昭恵夫人と籠池氏の妻・諄子氏とのメールの記録が公開されま…[ 記事全文 ]
<森友学園>「昭恵リスク」鮮明に 「奔放な言動」直感的… 毎日新聞3月23日(木)22時45分
籠池泰典理事長への証人喚問で、籠池氏や学校法人「森友学園」と安倍昭恵氏(54)の密接な関係が改めてクローズアップされた。[ 記事全文 ]
【森友学園参院予算委】詳報(5)安倍晋三首相「刑事罰に関わることないのに証人喚問に出ろとは、おかしな話」 産経新聞3月24日(金)14時58分
=詳報(4)から続く福山哲郎氏(民進)「先ほど申し上げたように、土俵で言えば今、籠池(泰典)理事長だけが土俵に乗って証人喚問を受けた。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア