「保育園落ちた日本死ね」は「便所の落書き」に批判殺到 田中裕太郎杉並区議のブログ投稿が炎上

3月16日(水)20時26分 BIGLOBEニュース編集部

「保育園落ちた日本死ね」は「便所の落書き」に批判殺到 田中裕太郎杉並区議のブログ投稿が炎上/画像は田中裕太郎区議ブログ スクリーンショット

写真を拡大

東京・杉並区議会議員の田中裕太郎氏が、匿名ブログ「保育園落ちた日本死ね」を「便所の落書き」などと自身のブログに投稿したことで、ネットでは批判や意見が殺到し炎上状態となっている。


田中区議は、保育園の入園審査に落ち悲痛な叫びをあげた母親を「インターネット上に『日本死ね』などと書き込む不心得者」と表現し、「便所の落書きにいちいち振り回される愚かな政治家があとをたちません。事情はどうあれ、『死ね』というほど日本が嫌なら、日本に住まなければ良いのです」と自身のブログに投稿。「保育園落ちた日本死ね」の投稿者と、これを国会で取り上げた議員を批判した。ブログの最後には、「だいたい、イクメン議員をもてはやした連中と、『日本死ね』を持ち上げている連中は、面子がほぼ同じです」と太文字で強調し持論を語った。


ネットでは、田中区議が「不心得者」「便所の落書き」と母親の声を否定したことに批判の声が上がっている。
「女性の気持ちのわからない人間だね。そのくせ、自分は偉いと思っているんだよ、きっと」
「国会議員より住民の声を聞き希望を実現するはずの区議が『保育園落ちた』のブログを『便所の落書き』と言うのは、街の声を全く聞いていないということ」
「便所の落書きだろうが、そこにある問題を取り上げようともしない人は政治家に向いてない」
「杉並区の恥。全国の皆さん、こんな馬鹿が議員やっていて本当にすみません。杉並区民より」


一方、「まさにその通り。正論である」「実際あれは便所の落書き」「良く言った。誰かが苦言しないと、便所の落書き行為が蔓延する」と理解を示す声も出ている。

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「保育園」をもっと詳しく

「保育園」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ