BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

ご存知ですか? 3月19日は東電OL殺人事件の日です

文春オンライン3月19日(日)7時0分

 いまから20年前のきょう、1997年3月19日の夕方、東京・渋谷の円山町のアパート1階の空き室で、女性の絞殺死体が発見された。被害者は39歳の東京電力社員で、3月8日に都内の自宅を出たまま行方不明となっていた。殺害されたのは8日深夜から9日未明とみられる。


 名門大学卒のエリートOLが、なぜ、ラブホテル街の安アパートで殺されたのか? 捜査の過程で、女性が夜はべつの顔を持っていたことがあきらかになるにつれ、マスコミは競ってプライバシーを暴き立て、扇情的に報じるようになる。


 この間、本件の強盗殺人容疑で、日本に不法残留していたネパール人男性が逮捕される(5月20日)。男性は、事件現場のアパートに隣接するビルで共同生活を送り、被害女性とは面識があったことを公判で認めていた。しかし彼と事件を結びつける直接証拠は見つからず、捜査段階での自白もなかった。これに対して検察側は、状況証拠や間接事実により有罪を立証しようとする。



©iStock.com


 男性は2000年4月の一審判決では無罪とされたものの、同年12月の二審は一転して有罪判決となり、無期懲役を宣告される。2003年10月の最高裁判決も二審判決を支持し、刑が確定。これにより男性は服役するが、その後、弁護団の請求に応じて、現場から採取された試料のDNA型鑑定が行なわれた。鑑定から、DNA型や血液型が男性のものとは異なることが判明。この結果を踏まえ、2012年11月の再審判決では被告の無罪が確定している。


 DNA鑑定の結果はまず、『読売新聞』のスクープによりあきらかとなった。同紙による一連の報道は『東電OL事件——DNAが暴いた闇』(2012年。のち『再審無罪』と改題して中公文庫に収録)にまとめられている。それ以前より、この事件については多くの本が刊行されてきた。佐野眞一のノンフィクション『東電OL殺人事件』(2000年)に対しては、被害女性と同年代の働く女性を中心に、彼女に自分の姿を重ね合わせたとの感想が多数寄せられたという(佐野眞一『東電OL症候群』新潮文庫)。



佐野眞一氏 ©文藝春秋


 被害女性が抱えざるをえなかった心の闇は、フィクションのつくり手たちをもとらえ、多くの作品が生まれた。小説では、久間十義『ダブルフェイス』(2000年)、桐野夏生『グロテスク』(2003年。泉鏡花文学賞受賞)、真梨幸子『女ともだち』(2006年)、折原一『追悼者』(2010年)などがあげられる。また映画でも、3人の女優が主演するオムニバス『TOKYO NOIR』(石岡正人・熊澤尚人監督、2004年)、水野美紀主演の『恋の罪』(園子温監督、2011年)といった、事件に着想を得たと思われる作品がある。このうち『恋の罪』では、冨樫真ふんする大学教員が、夜の街で男たちを相手に豹変するさまを演じ、鬼気迫るものがあった。



(近藤 正高)

はてなブックマークに保存

最新トピックス

国内トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

関連ワード

「東電」をもっと詳しく

注目ニュース
また痴漢疑いの男が線路逃走 JR埼京線板橋駅 産経新聞4月25日(火)12時30分
25日午前8時45分ごろ、JR埼京線の板橋駅(東京都板橋区)で、駅員から「痴漢が線路を逃走した」と110番通報があった。[ 記事全文 ]
<愛媛大付属病院>「ずさん手術で死亡」遺族4人が賠償提訴 毎日新聞4月25日(火)7時30分
◇医師3人を業務上過失致死容疑で告発、愛媛県警が受理愛媛大医学部付属病院のずさんな手術で母親が死亡したとして、遺族4人が大学と手術を担当し…[ 記事全文 ]
ルトワック博士の緊急警告! 先制攻撃か降伏か 日本が北朝鮮にとるべき選択肢 文春オンライン4月25日(火)7時0分
『戦争にチャンスを与えよ』を上梓したエドワード・ルトワック氏より日本の読者へ向けて緊急の提言が届いた。[ 記事全文 ]
痴漢容疑の男、板橋駅で線路に飛び降り逃走 読売新聞4月25日(火)12時47分
25日午前8時45分頃、JR板橋駅(東京都板橋区)の駅員から「痴漢をした男が埼京線のホームから線路に飛び降りた」との110番があった。男は線路脇にあるフェンスを乗り越えて敷地外に逃走しており、警視庁板橋署が東京都迷惑防止条例違反(痴漢)容疑で行方を追っている。[ 記事全文 ]
手をつなぎ電車に飛び込む?…高齢女性2人死亡 読売新聞4月24日(月)22時53分
24日午後2時25分頃、川崎市麻生区上麻生の小田急線柿生駅で、通過中の新宿発新松田行き下り快速急行電車(10両編成)に高齢女性2人がはねられ、搬送先の病院で死亡が確認された。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア