ハズキルーペがフジテレビからCMを引き上げへ

3月19日(火)16時0分 文春オンライン

 俳優の舘ひろし武井咲小泉孝太郎に加え、スポーツキャスターの松岡修造が出演する「ハズキルーペ」の新CM。この新CMの演出をめぐってハズキルーペとフジテレビの間で、トラブルが起きていたことが、「週刊文春」の取材で分かった。



 フジテレビの編成関係者が明かす。


「女性がお尻で踏む演出を巡って、フジはハズキルーペに対し、代理店経由で『クレームがあった場合は別素材に差し替える』という見解を示した。するとハズキルーペの松村謙三会長がこれに激怒。4月の改編で出稿を予定していたレギュラー提供枠を全て取りやめるという事態になったのです。さらに、フジの担当者が謝罪に出向こうとしたところ、松村氏が拒絶。改編内容が決まった後に全枠が出稿取りやめとなるのは極めて異例のことで、月額数千万円規模の大打撃を被りました」



©文藝春秋



 この編成関係者によれば、問題の枠は、月〜金の昼に放映されている「バイキング」だという。


 松村会長は、「週刊文春」の取材に応じ、次のように語った。


「ああ、確かにフジテレビさんのCMは引き上げます。前から『視聴者からセクハラだのなんだのクレームがあった場合は協議したい』という申し入れはあったんですよ。でもそれが直接の理由じゃない。一番の理由は、視聴率があまりよくないからですよ」



 フジテレビの企業広報室は、「スポンサーとの取引や契約の詳細についてお答えしておりません」と回答した。


 3月20日(水)発売の「週刊文春」では、松村会長のインタビューやフジの混乱ぶりについて詳報している。



(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年3月28日号)

文春オンライン

「ハズキルーペ」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「ハズキルーペ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ