あす(20日) 主役は開花を促す眩しい太陽

3月19日(火)16時37分 tenki.jp

春本番の暖かさとなったきょうの日本列島。東京都心ではほころび始めたソメイヨシノの蕾が、「今か今か」と開花を待ち望んでいます。あす20日は、きょう雨が降っていた東海から四国でも天気が回復し、全国的に晴天。気温もきょうよりさらに上昇し、開花を促す暖かさに。果たしてあす、ソメイヨシノ開花第一号はあるのか。

あす(20日) 主役は開花を促す眩しい太陽

あす20日 全国の天気

きょう19日は、低気圧の影響を受けた東海から西の太平洋側では雨が降りました。

あす20日は、雨を降らせた低気圧が離れ、本州付近は高気圧に覆われます。このため、沖縄から北海道にかけて、南から北まで晴れマークが並びます。日中は日差しに後押しされ、きょう以上に気温が上昇傾向です。ピンク色で囲んだ地点は4月並みを表していますが、ほぼ全域で4月並み。場所によっては4月下旬という大型連休が始まる頃の汗ばむ陽気になりそうです。この暖かさで、ソメイヨシノの蕾も生長していくとみられます。

晴れは続かず 春分の日 大荒れの恐れも

晴れをもたらす高気圧が日本列島から離れ、あさって春分の日(21日)は西から前線を伴った低気圧が近づきます。南から暖かい空気が流れ込むため、低気圧は日本付近で発達する予想です。あさって春分の日は全国的に雨や風が強まり、翌日22日金曜日にかけて北日本を中心に大荒れの天気になる恐れがあります。彼岸の中日で、お墓参りなど21日にお出かけを予定している方もいらっしゃるかと思います。当日は気象情報や交通情報をよくご確認ください。

tenki.jp

「開花」をもっと詳しく

「開花」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ