元地下アイドルが地獄の日々を激白「私は人間不信に陥った」

3月22日(金)6時0分 ダイヤモンドオンライン

レッスンは自主練、暴言を吐くファンにも対応を強いられる――現役地下アイドルや元地下アイドルの証言から垣間見えるのは、悲惨な現実だった(写真はイメージです) Photo:PIXTA

写真を拡大


新潟を拠点に活動するNGT48のメンバーがファンから暴行を受けた事件は、世間に大きな衝撃を与えた。しかも運営側は被害者メンバーに謝罪をさせ、再発防止策に防犯ベルを支給するだけなど不誠実な対応もあって、さらなる批判を浴びることに。「国民的アイドル」の運営ですらこのありさまというなら、「地下アイドル」はより悲惨なのではないだろうか。元地下アイドルに実情を聞いた。(清談社 ますだポム子)


事務所のいい加減さに困惑…

元地下アイドルの告白


 そもそも、「地下アイドル」の定義とはなんなのか。


「明確な定義はなくて、正直曖昧だと思いますよ。あくまで私の持論ですが、名乗れば誰でもなれるのが『地下アイドル』。CDを出してそこそこ名が知られたら『半地下』、誰もが知っている存在になったら『アイドル』、と呼べると思ってます」


 そう話してくれたのは、とある芸能事務所の「地下アイドル」グループに在籍していたミサキさん(仮名・24歳)。昔から人前に立つことが好きだった彼女は、大学2年生の時、たまたま見つけた地下アイドルグループのオーディションに応募し、見事合格した。


「アイドルなんて若いうちしかできないと思ったから、ノリで受けたんです。絶対落ちると思ってたので、受かった時はビックリしました。歌もダンスも未経験だったけど、事務所から『無料でレッスンが受けられます』って言われて安心してたんですが…」


 しかし、実際にレッスンが始まってみると、あまりのいい加減さに衝撃を受けたという。


「ステージデビューするまで3ヵ月くらいのレッスン期間があったんですけど、ボーカルもダンスも、先生がついてくれたのは初めの数回だけ。あとは事務所の人にすら見てもらえず、ひたすら自主練習の繰り返しでした。でも素人の集まりなのですぐ限界が来てしまい、事務所の人に『先生をつけてください』とお願いしましたが、ろくに取り合ってもらえませんでしたね」





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「地下アイドル」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「地下アイドル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ