BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト

自民党から出馬予定の乙武洋匡に"不倫"報道、複数愛人説も! マツコ・デラックスが見抜いていたその本質とは?

LITERA3月23日(水)8時0分
画像:乙武洋匡オフィシャルサイトより
写真を拡大
乙武洋匡オフィシャルサイトより

 夏の参院選で自民党からの出馬が確定的といわれていた作家の乙武洋匡氏。障害者自立支援法で弱者切り捨てを進めた自民党からなぜ?という声も上がっているが、そのさなか、乙武氏に衝撃の"不倫スキャンダル"が浮上した。


「3月24日発売の『週刊新潮』が報じるようです。乙武さんは2001年に早稲田大学の後輩女性と結婚し、昨年には第三子が生まれたばかりですが、妻以外の女性と愛人関係にあったという内容。しかも、一説には二股なんてものじゃなくて、なんと相手の女性が5人もいたという内容らしい」(週刊誌関係者)


 あの乙武氏が複数女性と不倫?──ツイッターのフォロワーも80万人を越し、知名度抜群の乙武氏がもしも不倫をしていたとしたら、彼が築き上げてきたイメージはガラガラと崩れ落ちるが、たしかに乙武氏といえば、以前から"肉食"の噂が絶えなかった。


 たとえば、かつて本人がインタビューで"学生時代にはガールフレンドが4人いた"と語っていたのは有名な話。大学時代の乙武氏については、早稲田商店街関係者による「あいつはいつも違う彼女と歩いてるって噂があったくらいモテますよ」との証言を「女性自身」(光文社)が掲載したこともあった。また結婚の約半年前にはやはり「女性自身」が、乙武氏が20 時間で「モデル風美女」に「派手め美女」そして神田うのと"1日で3人もとデートしていた"と報じているし、他にも、ネット上では"妻以外の女性"の存在がまことしやかにウワサされてもいた。


 前述の週刊誌関係者によれば、そうした"評判"の存在もあり、「週刊新潮」はかなり前から乙武氏の"不倫疑惑"を追っていたというが、しかし、こうした乙武氏の"素顔"について予言ともいえるような分析をしていた人物がいる。タレントのマツコ・デラックスだ。


「週刊SPA!」(扶桑社)14年6月24日号で乙武氏と対談したマツコは、以前から乙武氏をこのように見ていたと語っている。


「不謹慎でもいい? あたしにとって、好きな顔なのよね。この人はどこか変態性を秘めているはずで、それを垣間見たいと思わせるとこがあるの。世間は清廉潔白みたいな感じで乙武さんを評しているけど、絶対にそんな人じゃないだろって」
「この人は近所のおばちゃんたちが褒め称えるような人ではないぞ、くせ者だぞって」
「だって、例えば乙武さんが銀行に勤めていたら絶対にイヤ〜な行員になっていたと思うもの(笑)。それにね、本当にただのいい人だったら、この世界で生き残っていませんよ。(略)あたしが言いたいのは、『あんたたちが思っているほど、乙武さんは単純な人じゃないのよ』ということね。......あたし、余計なことを言ってない?」


 この対談は約2年前のもの。そう考えるとマツコの慧眼恐るべしだが、しかし、この件は「愛妻家のイメージがある乙武さんが実は不倫をしていたのか〜」と笑ってすませる話ではない。


 前述のとおり、乙武氏には以前から政界進出の噂が絶えず、昨年の段階では共産党と公明党を除くすべての政党の幹部クラスが接触をはかっていたといわれていた。実際、昨年末には、2013年から務めていた東京都教育委員を任期途中で辞任。そして、今月に入って複数大手マスコミが"参院選に自民党から出馬する方向で最終調整"と報道、一部では4月にも乙武氏と自民党が正式発表するとみられていた。


 そんなタイミングで「週刊新潮」が不倫スキャンダルを報じるとなれば、関係者は大慌てだろう。実際、先日「週刊文春」(文藝春秋)に不倫をスクープされた安倍チルドレン、"育休議員"こと宮崎謙介議員(当時)は、報道からまもなくして議員辞職している。普通に考えると、正式発表まで秒読み段階だった出馬が一転、取りやめになったとて不思議ではない。


 しかし一方で、政界関係者の間では「今回は逃げ切れる」「出馬取りやめまではいたらないだろう」との見方もある。というのも、乙武氏の不倫疑惑をテレビが報じない可能性があるからだ。


「テレビは"障害者"というだけで思考停止に陥ってしまうところがあるので、乙武さんのスキャンダルについては、腰が引けてしまうかもしれませんね。『週刊新潮』の報道がどれだけ踏み込んだものかによって状況は変わってくるでしょうが、ほとんど報道しない可能性はあるでしょう」(テレビ関係者)


 "障害者タブー"を崩そうと活動してきた乙武氏が、逆にテレビの"障害者タブー"によって守られるのであれば皮肉な結果としか言いようがないが、とりあえず、現段階では今後、どうなるかを予測するのは難しい。


 しかし、この不倫疑惑の展開にかかわらず、本サイトは乙武氏の"政治家としての姿勢"について大きな疑問を感じている部分がある。これについては追って記事にするので、まずは24日発売の「週刊新潮」記事の第一報を待ちたい。
(編集部)


Copyright © CYZO Inc. All Right Reserved.

はてなブックマークに保存

この記事のトピックス

最新トピックス

国内トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「自民党から出馬予定の乙武洋匡に"不倫"報道、複数愛人説も! マツコ・デラックスが見抜いていたその本質とは?」の関連ニュース

注目ニュース
<岐阜・歯科医刺殺>「治療に不満」手紙投函…事件前2度 毎日新聞1月22日(日)0時32分
岐阜市黒野南の歯科医院「渕野歯科」で20日、院長の渕野太賀臣(たかお)さん(50)が刺殺された事件で、殺人未遂容疑で逮捕された患者の同市折…[ 記事全文 ]
周南市が本当に「しゅうニャン市」を始動 エイプリルフールの嘘が現実に BIGLOBEニュース編集部1月20日(金)19時14分
「周南市はしゅうニャン市になります」——山口県周南市は20日、昨年のエイプリルフールで宣言した『しゅうニャン市プロジェクト』を実際に開始す…[ 記事全文 ]
バックで一方通行を逆走、パトカーに衝突…大阪 読売新聞1月22日(日)0時31分
21日午後8時20分頃、大阪市中央区心斎橋筋1の路上に停止している不審な車を大阪府警南署員が発見。職務質問しようとしたところ、車は一方通行の道路を20〜30メートルバックで逆走し、心斎橋筋商店街を西側から東側に横切った後、道路をふさいだパトカーに衝突した。[ 記事全文 ]
<文科省>再就職紹介、利用ゼロ…独自ルートで天下り 毎日新聞1月22日(日)8時30分
国家公務員の再就職を支援する政府の「官民人材交流センター」を利用した文部科学省の職員が、2008年のセンター発足以降、一人もいないことが関…[ 記事全文 ]
<新潟・公立中>いじめ、教委が認める…「菌」呼ばわり 毎日新聞1月21日(土)21時19分
東京電力福島第1原発事故に伴い福島県から新潟県北部に避難している公立中学1年の女子生徒が、名前に「菌」を付けて呼ばれるなどのいじめを受けた…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア