小池都知事「“感染爆発重大局面”という認識を新たにしている」

3月26日(木)20時24分 AbemaTIMES

 官邸での安倍総理との会談を終えた小池都知事は、記者団に「“感染爆発重大局面”という認識を新たにしている。政府で法律に基づいて対策本部が立ち上げられたが、都でも対策本部を設立した。これから国としっかり連携し、感染爆発をなんとしてもとどめていく、そのために国に力強いご支援を、とのお願いをしにきた。水際対策の強化、軽症者対策、一時的な(帰国者の)滞在施設の確保など、国にやっていただくことがある。財政支援と経済政策についても、国と都が連携することについての支援をお願いした。総理の方からは、しっかり対応する旨の言葉を頂いた。首都東京を守ることは国を守ること。しっかりと対応いただけるものと思う」と話した。(ANNニュース)

AbemaTIMES

「感染」をもっと詳しく

「感染」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ