沖縄・玉城知事「地方自治の理念に反する」と批判 辺野古訴訟上告審、沖縄県敗訴確定

3月26日(木)21時15分 毎日新聞

沖縄県敗訴の最高裁判決を受け、記者会見する玉城デニー知事=那覇市の県庁で2020年3月26日午後6時3分、遠藤孝康撮影

写真を拡大


 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設を巡る訴訟で、最高裁が沖縄県の上告を棄却したことに、玉城(たまき)デニー知事は26日、県庁で記者会見を開き、「民主主義の土台となる地方自治の理念に反するものだ」と批判した。


 県側敗訴が確定したが、玉城知事は「過去2回の知事選や県民投票で明確に示された辺野古移設に反対する県民の民意を無視し、埋め立て工事を強行している現状は許されない」として今後も政府に移設中止を求めていく姿勢を強調した。


 一方、県は「訴訟が係争中」として防衛省が許可申請した埋め立て予定海域にある希少なサンゴ約4万群体の移植についての判断を保留してきたが、玉城知事は最高裁判決を受けて判断に向けた審査を進めることを明らかにした。【遠藤孝康】

毎日新聞

「知事」をもっと詳しく

「知事」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ