大学の独自検査で陽性判明 留学先の英国から帰国 長崎大20代男子学生

3月26日(木)20時41分 毎日新聞

長崎県庁=長崎市尾上町で2019年3月1日、加藤小夜撮影

写真を拡大


 短期留学先の英国から帰国後に新型コロナウイルスの感染が確認された長崎大(長崎市)の20代の男子学生について、長崎大が実施した独自のPCR検査で陽性と判明したことが分かった。


 長崎県や大学によると、学生は16日に帰国。18日に喉の痛みを感じたため、19日に医療機関に相談し、医師からは自宅待機と判断された。学生は24日に倦怠(けんたい)感が出たため、大学の相談窓口に連絡。長崎大病院で実施した検査で陽性反応が出たことから、改めて県が検査して陽性を確認した。


 大学側は独自のPCR検査について「学生や教職員の健康管理の重要性を考え、必要に応じて対応している」とした。【田中韻】

毎日新聞

「帰国」をもっと詳しく

「帰国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ