河井案里氏秘書の保釈決定 保釈金は400万円 克行氏政策秘書の保釈は認めず

3月26日(木)17時19分 毎日新聞

立道浩被告=広島市中区で2020年3月3日、平川義之撮影

写真を拡大


 自民党の河井案里参院議員(46)=広島選挙区=陣営の選挙違反事件で、広島地裁は26日、公職選挙法違反(運動員買収)で起訴された案里氏の公設第2秘書、立道(たてみち)浩被告(54)の保釈を認める決定をした。立道被告は保証金400万円を納付し、同日夕に広島拘置所から保釈された。


 ともに起訴された、案里氏の夫で自民党の河井克行前法相(57)=衆院広島3区=の政策秘書、高谷真介被告(43)の弁護人も保釈を申請したが、地裁は認めなかった。【中島昭浩、手呂内朱梨】

毎日新聞

「保釈」をもっと詳しく

「保釈」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ