死亡の男性、知人女性と河川敷で20年以上生活 岐阜県警、殺人容疑で捜査開始

3月26日(木)20時50分 毎日新聞

渡辺哲哉さんが倒れていた現場付近の伊自良川堤防を調べる岐阜県警捜査員ら=岐阜市寺田で2020年3月25日午後0時50分、横田伸治撮影

写真を拡大


 岐阜市寺田で25日に路上に倒れていて、その後死亡したホームレスの男性について、岐阜県警は26日、何者かが暴行したとみて殺人容疑で捜査を始めた。死因は脳挫傷と急性硬膜下血腫。


 県警岐阜北署によると、死亡したのは無職、渡辺哲哉さん(81)。知人女性(68)から25日午前2時過ぎに「知人が数人の男に蹴られた」と110番があった。2人は20年以上、現場そばの伊自良川河川敷で生活していたとみられる。女性は、近くにある寺田橋の上から男数人に石を投げられ、2人で走って逃げたが、振り返ると渡辺さんが倒れていたとも説明しているという。【横田伸治】

毎日新聞

「死亡」をもっと詳しく

「死亡」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ