「働くことがしんどかった」不正に病気休暇取得、給与も 県職員を懲戒免職 和歌山

3月27日(金)10時56分 毎日新聞

和歌山県庁=黒川晋史撮影

写真を拡大


 和歌山県監察査察課は26日、不正に病気休暇を取って給与も得ていたとして、県人事課の男性主査(50)を懲戒免職にした。また、部下にパワハラをしたとして、県道路局の課長級の50代男性職員を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分とした。


 監察査察課によると、人事課の男性主査は2018年9月〜19年12月、気分障害などうその理由で、断続的に計155日の病気休暇を取得。パソコンを使って医療機関の診断書や領収書を計48回偽造していたという。偽りの病気休暇の間に、計275万円の給与を不正に受け取っていた。


 20年2月に内部通報があり発覚。男性主査は監察査察課の聞き取りに偽造を認め、「働くことがしんどかった」などと説明しているという。県は不正取得した給与の返還を求めるとともに、詐欺などの疑いで県警に刑事告訴する方針。


 一方、道路局の課長級職員は19年4〜11月、部下の男性職員1人に対し「お前は能力がない」と暴言を吐いたり、他の職員の前で長時間激しく叱責したり、パワハラ行為を繰り返したという。


 別の職員が同年10月、同課に通報。道路局の51人全員にアンケート調査を実施した結果、17人が課長級職員のパワハラ行為を見たなどと回答した。課長級職員は「感情的に怒りすぎたことはある」としながらも、パワハラ行為は否定しているという。


 同課は管理監督責任者として、県土整備部長など3人も厳重注意とした。【木原真希】

毎日新聞

「病気休暇」をもっと詳しく

「病気休暇」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ