NGT48裁判、近く和解の可能性 AKSが素案提案へ

3月27日(金)13時0分 産経新聞

新潟地裁前で取材に応じるAKS側の代理人弁護士(左) =27日、新潟市中央区(池田証志撮影)

写真を拡大

 新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」の元メンバー、山口真帆さん(24)に対する暴行問題をめぐり、運営会社「AKS」(東京)が、暴行容疑で逮捕された男性ファン2人=不起訴=に3000万円の損害賠償を支払うよう求めた裁判で、AKSが近く和解案を新潟地裁に提出することが27日、AKS側代理人弁護士への取材で分かった。すでに男性2人側と和解交渉を始めており、和解する可能性が高い。同弁護士は「事態を長引かせるのは得策ではない」などと理由を話した。

 同弁護士によると、同日に開かれた弁論準備手続では、和解交渉の状況について地裁に報告。一方で、原告、被告の双方が男性ファン2人を証人申請した。

 同弁護士は裁判の進行について「原告、被告とも、和解と判決を得ることの両にらみで進めている」と話したが、男性2人側と協議した和解案を近く地裁に提出するとしており、次回弁論準備手続が行われる予定の4月8日で和解する可能性が高くなっている。

 また、同弁護士は「原告と被告の主張はすでに出尽くしている。NGT48のメンバーの潔白もある程度証明できた。メンバーへの影響を考えると、これ以上事態を長引かせるのは得策ではない」と話した。

 裁判では、地裁が3月2日、原告と被告に和解を提案。両者とも「検討する」として持ち帰っていた。

産経新聞

「和解」をもっと詳しく

「和解」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ