Facebookの個人データ不正流用問題 CEOコメントで退会の動きが加速

3月27日(火)18時58分 STANDBY


3月16日、Facebookユーザーの個人データが不正に流用されたとの報道があった。2014年に約5000万件が選挙コンサルティング会社に流出したといわれるが、その後ザッカーバーグCEOは沈黙を続け、21日になってようやくFacebookでコメントを発表。さらに、25日には『ニューヨーク・タイムズ』『ウォール・ストリート・ジャーナル』『ワシントン・ポスト』に加え、イギリスの6紙に全面広告で謝罪文を掲載した。

しかし、事態は深刻で、時すでに遅し…。Twitterでは「#DeleteFacebook」というハッシュタグをつけた投稿が増加。メッセージングアプリ企業「WhatsApp」の創業者の1人が、このハッシュタグとともに「その時が来た」とツイートしたことも話題となった。

さらにこのツイートに反応した起業家のイーロン・マスク氏も、フォロワーから宇宙関連ビジネスを行う企業「SpaceX」のFacebookページを削除するべきと指摘され、「Facebookページがあるのを知らなかった。削除する」と返信し、自身の自動車会社「Tesla」のFacebookページも削除したという。

個人情報流出を問題視して退会する人が多いようだが、Twitterでは

“Facebook全く使ってなかったし、見たくないことまで見えるから退会したー!”
“正直やめたかった、って人にキッカケを与えたね。実状はmixi状態だろうよ”

と、Facebookを登録したものの特に使っていないため、やめる機会を探していた人にはちょうどいいともとれるツイートが多い。

しかし、アカウントを削除しようとしても、

“削除方法わかりづらい、ネットで調べなきゃ絶対できないwww”

と、その方法が非常にわかりづらいとの不満も散見され、

“Facebookのアカウント削除したんだけど、完全に消えるまで14日かかるとか猶予期間いらないから即消してほしい”

と、完全削除まで時間がかかる仕様もユーザーには不評のようだ。さらには

“facebookを退会しようとすると、
知り合いの写真が何枚か表示されて
「本当に退会しますか?○○さんが残念がります」
って表示されるけど、
全員満面の笑みだったから「はい」を16連射した。
ファミコン界のスターを目指す!”

と退会をなんとか阻止するためのユーザーインターフェースを茶化すツイートも。一方で、

“いまさら感が強い。データが使われてるなんて始めからいわれてたじゃん”(原文ママ)
“個人情報が心配ならフェイスブックに個人情報のせんなよ”

と、SNSに個人情報を掲載した時点で何らかのリスクを負うことは明白であったと、冷静な指摘をする声もあった。

とはいえ、Facebookはすでに社会的なインフラとなりつつあるのか、

“Facebookを退会してmessengerだけ残すことはできないか”
“メッセンジャーが必要だから退会していない。メッセンジャーだけ使えれば退会する”

といったように、Facebookは退会したいが、メッセンジャー機能だけは使い続けたいという声も散見される。

「Facebookは退会してインスタグラムだけにする」というツイートもあったが、インスタグラムもすでにFacebookに買収されていることを考えると、絶対に安全とはいえない。ザッカーバーグCEOも米「WIRED」のインタビューで「ソーシャルメディアを規制するかどうかではない、どう規制するか、だ」と語っており、社会的な問題として捉える必要がある。その一方で、100%流出を防ぐのは難しいため、ネット上に個人情報を掲載することを自制して、自己防衛していく必要がありそうだ。
(飛鳥 進)

■関連リンク
・Facebook退会の動き高まる 個人データ不正流用問題で
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1803/25/news018.html

・Facebook、ザッカーバーグCEOの署名入り全面謝罪広告を日曜朝刊に
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1803/26/news060.html

・ザッカーバーグ、個人情報流出とFacebookの「過ち」について激白:『WIRED』US版インタヴュー
https://wired.jp/2018/03/24/mark-zuckerberg-interview/

STANDBY

「Facebook」をもっと詳しく

「Facebook」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ