週末は首都圏で雪 都内でもうっすら積雪のおそれ

3月27日(金)16時40分 ウェザーニュース


2020/03/27 16:26 ウェザーニュース

明日28日(土)は首都圏で広く雨が降り、日付が変わった29日(日)には雨が次第に雪に変わってきます。

日曜日の朝にかけて雪の降るところが北部と西部山沿いから南部の平野部まで広がります。東京都心の周辺や多摩、埼玉方面でも雪に変わる予想です。なお、千葉と茨城南部では雨が優勢になると見ています。

奥多摩や山梨、秩父、長野と関東北部山沿いでは降水量が多く、大雪となるおそれがあります。

山沿いでは積雪10cm超えのおそれ

雪は昼頃にかけて降り、総降雪量は関東の山沿いの多いところでは30cm前後、東京都心をふくめ平野部では1cmから3cmの雪が降るおそれがあります。
甲信地方では、山沿いでは30cmから40cm、平地や盆地では 3cmから5cmの降雪が予想されます。

29日(日)朝にかけて、関東北部や西部の山沿い、甲信地方では10cmを超える積雪に注意が必要です。東京都心では雪が積もる可能性は低いものの、23区の西部では道路にうっすら雪が積もる可能性もあります。

山沿いや山間部では大雪になるため、着雪と凍結などの路面状況の悪化、架線凍結のおそれがあります。また、着雪による倒木などに注意が必要です。
さらに平野部でも、雪が降った翌日30日(月)朝にかけては路面の凍結のおそれがあります。車の運転やお出かけする予定のある方は路面状況に注意してください。


ウェザーニュース

「首都圏」をもっと詳しく

「首都圏」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ