3月31日(水)の花粉飛散予想 東京など各地で”非常に多い”

3月31日(水)5時48分 ウェザーニュース

2021/03/31 06:43 ウェザーニュース

今日3月31日(水)も広範囲で晴れて暖かくなります。昼間は20℃を超えるところが多く、引き続き花粉が飛びやすい気象状況です。
東北から九州にかけての広い範囲で、花粉の飛散量が「非常に多い」または「多い」予想となっています。

気温が高くまだまだ要注意

今週末にかけて気温の高い状況が続くため、各地で飛散量が多い予想となっています。
まだまだ油断せず、外出時はしっかりと花粉対策をしてお過ごしください。

関東から西ではヒノキ花粉の飛散が増加中

スギ花粉・ヒノキ花粉の飛散ピーク時期の予想

<スギ花粉>
関東から東海、西日本の各地でスギ花粉の飛散ピークは過ぎたと考えられます。そのほかの地域では3月いっぱいはピークが続く見込みなので、大量飛散に注意が必要です。
<ヒノキ花粉>
スギ花粉の飛散がピークを越えると、ヒノキ花粉の飛散が増えてきます。ヒノキ花粉の飛散は九州ではまさに今ピーク中です。関東から中四国にかけても飛散ピークが始まり、4月中旬にかけて多く飛ぶことがあります。
<シラカバ花粉>
シラカバ花粉が飛散する北海道は、道南・道央ではゴールデンウィーク前後、道北・道東では5月中旬に飛散ピークとなる予想です。
気温が高い日が続くなど、天候の影響で飛散開始やピークが早まる可能性もあるので、今後の情報に注意し、早めの対策が安心です。

ウェザーニュース

「花粉」をもっと詳しく

「花粉」のニュース

「花粉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ