登場人物が可愛く進化 英語の教科書「NEW HORIZON」のエレン・ベーカー先生が話題に

4月6日(水)11時38分 BIGLOBEニュース編集部

登場人物が可愛く進化 英語の教科書「NEW HORIZON」のイラストが話題に/画像は「ミライ系NEW HORIZONでもう一度英語をやってみる」表紙

写真を拡大

東京書籍が発刊している英語の教科書「NEW HORIZON」の登場人物が、以前よりも可愛く進化しているとTwitterで話題になっている。


長年、英語の教科書として多くの中学校で採用されている「NEW HORIZON」。時代とともに内容やキャラクターデザインは変化しているが、現在の登場人物は、TVアニメのようなクオリティのイラストになっている。特に緑中学校のALT(アシスタントランゲージティーチャー)のエレン・ベーカー先生は、目が点で描かれた昔の先生ではなく、大きな青い瞳の仕草が可愛い先生に進化。夏は半袖、冬はコートと季節に合わせて服をコーディネイトし、初詣では着物姿まで披露している。柔道部所属の安藤咲、サッカー部所属の伊藤光太、インド出身のディーパ・ミートラ、カナダ出身のアレックス・グリーンなど、このほかの登場人物も今風のイラストになっている。


Twitterでは、「登場人物可愛すぎない?特にエレン・ベーカー先生。惚れた」、「目が点じゃない…光が宿ってる」、「これなら英語の成績も上がるはず」と、可愛くなった登場人物への驚きの声が多数寄せられている。また、大人向けの英語教材「ミライ系NEW HORIZONでもう一度英語をやってみる」の存在も発覚。三角関係のような男女が描かれ、キャラクターが動いてしゃべるというAR機能もあり注目が集まっている。


東京書籍は、編集趣意書の学習意欲・主体的な学習態度の育成として、「イラスト、図表などは内容的に吟味し、わかりやすく提示しています」としている。


■今どきのNEW HORIZON


■かつてのNEW HORIZON


■ライトノベルのようなNEW HORIZON

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「教科書」をもっと詳しく

「教科書」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ