気仙沼の街を、パレードは行く 地元支えるインドネシアとの縁【震災8年 海外とつながる(4)】

4月6日(土)7時0分 J-CASTニュース

「インドネシアパレード」の様子(写真提供:気仙沼商工会議所青年部)

写真を拡大

宮城県気仙沼市はインドネシアと縁がある。2011年の東日本大震災から3か月後、インドネシアのユドヨノ大統領(当時)が気仙沼を訪れて被災者を励まし、200万ドル(約2億2000万円)を寄付した。2018年にインドネシア・スラウェシ島で大地震が発生すると、今度は気仙沼市民が募金活動を行った。

気仙沼には現在、水産業を中心にインドネシアからの技能実習生を受け入れる企業が少なくない。夏祭りでは「インドネシアパレード」が行われる。



インドネシア人住民の、年に1度の楽しみ



女性は色とりどりのドレスをまとい、男性は伝統的な「バティック」染めの服を着て、エキゾチックなデザインの山車(だし)を引き、にぎやかに練り歩く。毎年夏の「気仙沼みなとまつり」で行われる「インドネシアパレード」だ。



「パレードは毎年参加しています」


道路工事現場の作業を終えたインドネシアからの技能実習生、ヘルシスワントさん(28)は、こう話した。祭りには参加者が和太鼓を演奏する催しがあり、これにも挑戦。「太鼓が叩けて楽しかった」と笑った。



インドネシアパレードは、2003年に「バリパレード」として始まり、震災翌年の2012年、「みなとまつり」再開と共に現在の形になった。在気仙沼のインドネシア人にとって、年に1度の大きな楽しみだ。同時に地元の人たちも、インドネシアから来た在住者と触れ合う機会となっている。



パレードの運営は、気仙沼商工会議所青年部が担う。青年部の会員は地元企業の若手リーダーたちだ。ヘルシスワントさんが今年3月まで勤めていた菅原工業専務・菅原渉さん(44)は会長として、積極的にかかわっている。



建設・土木・舗装工事などを手掛ける菅原工業では、インドネシアからの技能実習生を2015年以降毎年3人ずつ受け入れている。震災後、復興工事の需要が増大して人手不足が顕著だったことがきっかけだった。「気仙沼は、水産加工業や漁業でインドネシアからの技能実習生が多い。インドネシアから呼べば、友人をつくりやすく生活に溶け込めるだろう」と募集を始めた。



モスクとレストランを異文化交流の場にしたい



菅原さんが話すように、気仙沼では以前から遠洋マグロ漁船の船員や水産加工場で、インドネシアの人が働いてきた。気仙沼市によると、2018年11月末でインドネシアからの技能実習生は171人になる。



採用には菅原さん自身、現地に足を運んで直接面接する。「日系企業に勤めたい」「日本で身に着けた技術を帰国後に生かしたい」という積極性を重視し、建設業の経験は問わない。2015年の「1期生」3人は当初、ゴミの分別に慣れず苦労したそうだが、2期生以降は先輩が面倒を見ている。また来日前からSNSで気仙沼の実習生と「友達」となり、情報収集をしている。日本語が話せるので社員とはすぐに打ち解け、業務中はもちろん、一緒に食事に行きコミュニケーションをとっている。仕事熱心で、「3年目にもなると、現場の主力メンバーです。メモ帳を持って技術を貪欲に吸収しようとする姿勢が見られます」(菅原さん)。



菅原工業では2017年、インドネシアで製造業の会社を立ち上げた。道路を剥がしたアスファルト殻を砕いてリサイクルする事業で「インドネシアでは初めて」だという。さらにコンサルタント業務を行う事務所も開設した。いずれも、技能実習生がインドネシアに帰国後、日本で学んだ技術や語学を生かして仕事ができる場にと、菅原さんは考える。



気仙沼市内では、イスラム教徒(ムスリム)が多いインドネシア人実習生のためにモスクの建設とインドネシアレストランの開店準備を進めている。現在、最も近いモスクは仙台だが、車で2時間かかる。また日本暮らしが長引けば「ふるさとの味」が恋しくなることもあるだろう。こうした生活面の配慮に加え、菅原さんには「モスクやレストランができれば、そこが地元の日本人とインドネシアの若者が異文化交流できる場になる」との構想がある。



2020年の東京五輪・パラリンピックで気仙沼は、インドネシアの『復興「ありがとう」ホストタウン』に選ばれた。五輪選手や大会関係者と地元住民が交流する企画だ。五輪では、外国人観光客の増加も期待される。大勢のインドネシア人やムスリムの人たちが「モスクのある気仙沼」に観光に訪れて欲しいと、菅原さんは望む。


(J-CASTニュース編集部 荻 仁)

J-CASTニュース

「インドネシア」をもっと詳しく

「インドネシア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ