【財務次官セクハラ疑惑】公明党・山口那津男代表、財務省の対応「取り組みの適否判断する立場にない」

4月17日(火)12時58分 産経新聞

公明党の山口那津男代表

写真を拡大

 公明党の山口那津男代表は17日午前の記者会見で、財務省の福田淳一事務次官のセクハラ疑惑報道をめぐる同省の対応に関し、「当事者でなければわからないことについて、その取り組みの適否を判断する立場にはない」と語り、評価を避けた。同時に「渦中の財務次官を含めて、政府として、財務省として、誠実に説明責任を尽くしてほしい」と注文を付けた。

 一方、同省の女性記者への調査協力要請などに批判が相次いでいる状況には、「皆さんは取材される側でしょうから、いろいろな意見も出るだろう」と言明。「次官も含めて説明責任をきっちりと誠実に果たすことが求められている。それを見極めたい」と述べるにとどめた。

産経新聞

「財務省」をもっと詳しく

「財務省」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ