台風2号が「猛烈な」勢力に 中心気圧905hPa 急速に発達

4月17日(土)23時0分 ウェザーニュース

2021/04/17 23:07 ウェザーニュース

4月17日(土)21時、台風2号(スリゲ)は急速に発達して「猛烈な台風」になりました。中心気圧が905hPaにまで低下するのは昨年2020年の台風19号以来です。
来週後半に沖縄の南へ北上する予想です。今後の情報に注意してください。
▼台風2号 4月17日(土)21時
 存在地域   フィリピンの東
 大きさ階級  //
 強さ階級   猛烈な
 移動     北西 20 km/h
 中心気圧   905 hPa
 最大風速   55 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 80 m/s

来週後半は北東に方向転換

台風2号はまだ発達する傾向がみられ、週明けの19日(月)にかけて猛烈な勢力を維持する予想です。その後、来週中頃には熱容量の低下や鉛直シアの増加の影響で勢力を落とし始める見込みです。
進路はまだ不確実性が高く、世界各国の気象機関が計算したシミュレーション結果を比較すると、沖縄の南に北上したあと、北東に向きを変える可能性が高くなっています。
本州方面への影響はほとんど無い予想ですが、来週後半に沖縄や小笠原諸島などに近づいて、高波や強風の影響が及ぶおそれがあります。今後の情報に注意するようにしてください。

春の台風の進路傾向

春は本州の南でも上空に強い西風が吹いていて、太平洋高気圧は南の海上に留まっています。そのため、台風が発生すると、高気圧の縁をまわる風に流されて、早々に東へ向きを変えることが多いといえます。
統計をみると、4月に小笠原諸島に接近した台風もあるため、春とはいえ油断は出来ません。

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。
台風2号の名前「スリゲ(Surigae)」は北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が提案した名称で、鷲の一種の名前からとられています。
「スリゲ」が使われるのは今回の2021年台風2号が初めてで、前回まで用いられていた140種類のうちのひとつ「ムジゲ(虹の意味)」から差し替えられたものです。

ウェザーニュース

「台風」をもっと詳しく

「台風」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ