気象予報士による 各地方の桜予想

4月18日(水)14時2分 tenki.jp

桜の開花予想第9回を発表しました。桜前線は今週後半からの暖かさで再びスピードアップ! 東北北部では4月下旬に満開となるでしょう。北海道では大型連休中に見ごろになりそうです。

気象予報士による 各地方の桜予想

2018年 桜開花と満開の傾向

一般財団法人 日本気象協会は、日本全国92地点の桜(標本木[ソメイヨシノほか]53地点、自治体・公園など36地点、および日本三大桜3地点)の開花予想(第9回)を本日発表しました。

見ごろを迎えている長野県、まだまだ開花ラッシュな東北地方、これから桜の季節が訪れる北海道地方の気象予報士から、桜コメントが届きました!


◆◆最新! 桜の開花予想はこちら◆◆

気象予報士からのコメント From東日本

◆長野県(日本気象協会 長野支店 浜中弘樹)
冬の寒さと春の暖かさで休眠打破が順調に進み、県内でも記録的に早い開花が続出しました。期間中に2度、春の嵐に見舞われましたが、今年も長野県の桜は私たちの目を十分に楽しませてくれました。

◆◆長野県の桜開花情報はこちら◆◆

気象予報士からのコメント From北日本

◆東北地方(日本気象協会 東北支社 佐藤理恵子)
東北地方では、寒の戻りの影響で最高気温は平年並みか低い日が多くなりましたが、今週は平年より高い日が多い予想です。一旦足踏みしていた花芽の生長は一気に加速し、東北北部の桜は次々と開花しそうです。来週は見ごろを迎えるところが多くなるでしょう。

◆◆東北地方の桜開花情報はこちら◆◆

◆北海道地方(日本気象協会 北海道支社 持田浩)
北海道地方は、週末にかけて一カ月以上先の暖かさとなる日が続く見込みです。この暖かさに誘われ、花芽の生長は順調に進み、開花は平年より5日前後早まりそうです。来週には津軽海峡を渡り、道央や道南などでは大型連休中には満開の桜を楽しめるところが多いでしょう。

◆◆北海道地方の桜開花情報はこちら◆◆

tenki.jp

「気象予報士」をもっと詳しく

「気象予報士」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ